【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】7・8回目 秋川渓谷 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金|ウッドストーブ紹介も

「ヒロシです」のネタで一世を風靡してから15年、芸能界から一時離れた時期がありながら、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にすることなく思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの気が置けない芸人仲間と「焚火会」を結成し、それぞれがソロキャンプやグループキャンプをする様子をYoutubeチャンネルで紹介。ヒロシさんを先頭に、「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタート!ということで、Youtubeのヒロシちゃんねるファンだけでなく、楽しみにしている人は多いと思います。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第7回目「東京俺の秋だより」・8回目「神さまの道と俺の道と」に登場するロケ地キャンプ場やヒロシさんの愛用キャンプ道具をまとめました。

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」7・8回目のロケ地は?

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第7・8回目では、東京にもこんなところがあるんだ!ここも東京!?というような場所で東京の秋を感じに、ヒロシさんが案内してくれました。

番組でヒロシさんが辿ったロケ地をご紹介していきます。

秋川渓谷 石舟橋

まずヒロシさんが立ち寄ったのは、秋川渓谷にある石舟橋


(出典:patoisu.com

八王子から奥多摩方面に向かう途中にある景勝地で、東京都内から1時間10分ほどの距離で、あきる野市の山間、奥深い東京の自然地帯の入り口に位置しています。

春は新緑、秋は紅葉と、季節によって表情を変える自然の色合いと橋の佇まいがとても美しい場所で、下を流れる南秋川での川遊びなども楽しめます。

橋を渡った先にある温泉「瀬音の湯」も人気で、リフレッシュを求めて日帰りで訪れる人も多い場所。

キャンプ場へ向かう途中でぜひ立ち寄りたいスポットですね。

ショッピングストア かあべえ屋

石舟橋から南秋川沿いの道を6分ほど進んだ先、檜原村(ひのはらむら)に入ってすぐのお店で食材を調達したヒロシさん。

立ち寄ったのは、ショッピングストア かあべえ屋


(出典:mainichi.jp

川魚など地元の食材を使ったお弁当や、地元の野菜などをはじめ、一般的な食料品や雑貨などを購入することが出来ます。

このショッピングストア かあべえ屋さん、檜原村唯一のスーパーマーケットということで、地元の人はもちろん檜原村を訪れる観光客やキャンパーを支えてくれている存在でもあるんですね。

ヒロシさんはここで夜の鍋の材料(地元産の「アワビ茸」など)とお昼のお弁当(¥371でボリューム満点・美味しい!と大絶賛)を購入し、熊が出るという話を聞いてびっくりしていましたね。

キャンプの食材を調達したい方はここに立ち寄ると良さそうですね!

ロッヂ神戸岩

かあべえ屋から車で10分ほどさらに進み、到着したキャンプ場は、ロッヂ神戸岩(かのといわ)


(出典:kanotoiwa.com

東京からは車で1時間30分ほどの距離です。

その名の通り、宿泊できるロッヂやキャビン、バンガローなど宿泊棟に加え、奥秋川渓谷の清流に沿ってキャンプのフリーサイトが広がっている施設です。


(出典:kanotoiwa.com

フリーサイトの利用料金は、1サイト1泊¥4,400(税込、駐車料金1台まで含む)で最大5名まで利用可能。

川沿いに設けられたフリーサイトは最大4サイトまでと広々使え、敷地内でも最も川の上流に近く上に民家などもないため、夜は満点の星空を眺めることが出来ます。

フリーサイトを丸ごと貸し切って利用することもでき(貸切利用・1泊¥17,600)、貸切の場合にはキャンプファイヤーもOK。

浅めの川がすぐそこなので子供連れの川遊びにもぴったりです。

メインパーキングにトイレ・シャワー(5分330円)がある他、レンタルや販売品も充実しています。

ロッヂ神戸岩

 

〒190-0203 東京都西多摩郡檜原村神戸8034-2

042-598-1029

営業時期:3月〜12月中旬

チェックイン 13時~17時 / チェックアウト 10時

神戸岩(かのといわ)

ロッヂ神戸岩から徒歩5〜6分ほど上流にあるのが、パワースポットとしても有名な神戸岩(かのといわ)


(出典:pixpot.net

ジュラ紀の地層が侵食されてできた渓谷で、岩をしたから見上げると扉が開きかけているようにも見えることから「神戸岩」と名付けられたそう。

神の通り道とも呼ばれ、高さ100mもの切り立った崖と、その中を流れる滝と川は東京都の天然記念物に指定されています。

「パワースポットなんて信じていない」というヒロシさんも、その壮大な岩や滝、川の水の透明度に圧倒されていましたね〜。

ちなみに、秋川渓谷にはグランピングができるキャンプ場もあります↓

【東京都】秋川渓谷ふれあい広場グランピングのアクセスや料金・食事プランにアメニティー紹介|日帰りBBQもOK
広告
fdomesのバナー画像

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」7・8回目に登場した注目ギア

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第7・8回目では、ヒロシさんプロデュースのウッドストーブ(試作品)が登場しました。


(出典:bs.tbs.co.jp

ヒロシさんは、自身でキャンプブランドを立ち上げていて、キャンプでカッコよく便利に使える鉄板を販売しています。


(出典:no164.hiroshi0214.com

そのブランド名は、「NO.164」。ずばり、ヒロシ、です。

持ち手の部分にNO.164の抜きが入ったこの鉄板、とても好評で、生産が追いつかないのだそう。

そして今回、ヒロシさんが試作中というのが、ウッドストーブ。

パタパタと折り畳めば薄くコンパクトになり、組み立てて中に火をくべればお湯を沸かしたり簡単な料理にも使え、焚き火台としても使えるという優れものです。

イメージ的にはこのOneTigris ROCUBOIDのミニ焚き火台に似ていますが、ヒロシさんのはもちろんNO.164の抜きが入ってます。


(出典:amazon.co,jp

まだ試作中とのことですが、販売開始になると結構すぐに売り切れてしまいそうなので、欲しい!という方はヒロシさんの日刊ヒロシちゃんねる内のNO.164ページをチェックしておく、ヒロシさんのTwitterをチェックするなどしておくと良いです☆

また、今回の8回目「神さまの道と俺の道と」では、ヒロシさんが火打ち石を使って火を起こす様子が詳しく紹介してありました。

以前、ヒロシさんが「マツコ会議」に出演した際にも紹介されたこだわりの火起こし方法と道具については、こちらの記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてくださいね↓

マツコも絶賛!ヒロシ流ソロキャンプと山を買った理由に焚き火の火起こし道具紹介|マツコ会議

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2のこれまでのロケ地についてはこちら↓

【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】1・2回目 丹沢のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ|バイク紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】3・4回目 山梨県甲州市のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】5・6回目 山梨県小菅村のロケ地キャンプ場はどこ?|バーナー・浄水ボトル紹介も

以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第7回目「東京俺の秋だより」・8回目「神さまの道と俺の道と」に登場するロケ地キャンプ場やヒロシさんの愛用キャンプ道具をまとめました。

言葉遣いや食事の仕方、道具の扱い方など、ただキャンプをする様子を放送しているだけなのに、何故か心も落ち着いてくるヒロシさんの不思議な魅力が存分に味わえる「ヒロシのぼっちキャンプ」、これからも楽しみですね。

参考にしていただけると幸いです!

 

広告
fdomesのバナー画像

2 COMMENTS

kawa

残念ながら喫煙シーンが結構あります。

火箸を口元に持って行くシーンも喫煙中の映像です。

セブンスターを吸っています。

他の芸人さんが加わると全員が喫煙座談、禁煙要望の投稿をしてYoutube自体、スポンサーも含め社会対応をお願いしています。

返信する
glampress 運営局

コメントありがとうございます。そうなのですね。記事内容変更させていただきました。ご指摘ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です