【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】3・4回目 山梨県甲州市のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ

「ヒロシです」のネタで一世を風靡してから15年、芸能界から一時離れた時期がありながら、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にすることなく思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの気が置けない芸人仲間と「焚火会」を結成し、それぞれがソロキャンプやグループキャンプをする様子をYoutubeチャンネルで紹介。ヒロシさんを先頭に、「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって第ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタート!ということで、Youtubeのヒロシちゃんねるファンだけでなく、楽しみにしている人は多いと思います。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第3・4回目に登場するロケ地キャンプ場のアクセスや利用料金、口コミなどをまとめました。

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2 3・4回目のロケ地は?

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第3回目では、ヒロシさんが無骨なソロキャンプの世界を追求しはじめた頃、野趣あふれる環境をもとめて幾度か通ったというお気に入りのキャンプ場でのロケでした。

山梨県甲州市の山中にある、というキャンプ場は、一の瀬高原キャンプ場


(出典:camp-quests.com

ロケ地キャンプ場|甲州市 一の瀬高原キャンプ場

多摩川の最上流部に位置し、標高1250mの場所にあるこのキャンプ場は、キャンプ場というよりも山、森という感じで、昔ながらの自然が残っています。

美しい渓流が場内に2本流れていて、イワナ、ヤマメなどの川魚も生息している、まさに自然のど真ん中。

きちんと区画整理されているファミリー向けのキャンプ場とは異なり、ほぼ自然のままの状態を荒れすぎないように維持してあるという感じの場所で、キャンパーは自由にお気に入りの場所を探してキャンプをすることができます。

川が流れていたり、木が生い茂っていたり、地面に起伏があったり、と大きなテントを張るには適しているとは言い難い場所ですが、コンパクトなテントでのソロキャンプや、ヒロシさんのようなハンモックキャンパーにとっては「聖地」とまで呼ばれ、「大好きすぎて人には教えたくないキャンプ場」とも言われています。

住所としては山梨県甲州市ですが、位置的には奥多摩と秩父の奥が重なるあたり、東京都内からは車で2時間半ほど。

中央高速道路の勝沼ICから塩山方面に向かい、塩山から411号線で奥多摩方面へ、キャンプ場までは一般道から細い林道を通って行き、さっきまでの都会の喧騒が嘘だったかような大自然に囲まれた山の中へと入っていきます。

一の瀬高原キャンプ場

住所:〒404-0021 山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋560

営業:通年

Tel:0553-34-2125

メール:camp@mxa.cosmo.ne.jp

現在、一の瀬高原キャンプ場を運営している管理人さんは、元々このキャンプ場に惚れ込んで通い詰めるうちに住み込みでキャンプ場を手伝うことになり、そのままご高齢の元々の管理人さんから引き継ぐ形でこのキャンプ場を経営されているとか。

そんな管理人さんの「自然環境を活かした素敵なキャンプ場を大切に維持したい」という気持ちが伝わってくるようなキャンプ場です。

一の瀬高原キャンプ場の施設・利用料金


(出典:yamanashi-kankou.jp

一の瀬高原キャンプ場では、山の中のフリーサイトでのキャンプのほか、バンガローでの宿泊もできます。


(出典:yamanashi-kankou.jp

場内にはトイレが数カ所設置してあり、水場もあって洗い物などはできますが、シャワーや入浴の施設がないことから、不便に感じる人も多いかもしれません。

トイレも、洋式もありますが作りは汲み取り式なので、若い人はちょっと驚くかもしれません。

でも、そんな不便さをよしとするならば、自然の中で一晩過ごすという本当の意味でのキャンプが楽しめる場所と言っても過言ではないでしょう。


(出典:yamanashi-kankou.jp

場内では、キャンプ場には珍しく、直火での焚き火もOK
石を拾ってきてかまどを作ったり、薪を集めてきて火を起こしたり・・・、何もないところからキャンプをする、という楽しみが味わえますよ。

やっぱりお風呂には入りたい・・・という方は、車で30分ほどの場所に道の駅が併設されている「丹波山温泉 のめこい湯」がオススメ。行きと帰りにそれぞれ立ち寄るのもアリですね。

一の瀬高原キャンプ場利用料金

キャンプ 大人1人1泊 ¥1,000
小学生1人1泊 ¥500
幼児1人1泊 ¥300
駐車代 車1台1泊 ¥500
バイク1台1泊 ¥300
バンガロー 3帖1泊 ¥3,600
6帖1泊 ¥7,200
7.5帖1泊 ¥9,000
12帖1泊 ¥14,400

ちなみに、バンガロー泊の人はキャンプ代は無料とのことで、家族でバンガローを予約した上でお父さんと息子だけキャンプ、なんて使い方もできそうですね。

予約は電話(0553-34-2125)またはメール(camp@mxa.cosmo.ne.jp)、公式サイト(一の瀬高原キャンプ場)内の予約フォームで。

ロケ地商店|えのきや

ちなみに、ヒロシさんがキャンプ場への道すがら食材を購入したスーパーはこちら。

お野菜やお肉、惣菜、パン、調味料など一通りのものは揃えられる便利なスーパーです。

広告
fdomesのバナー画像

一の瀬高原キャンプ場の評価・口コミ

実際に一の瀬高原キャンプ場を利用した方の声を、Googleレビューから抜粋しました。

一の瀬高原キャンプ場の評価
とても広くて静かで良いキャンプ場。
ただほとんどのサイトは荷物を運ぶのが非常に困難な為ソロや荷物の少ない方にはおすすめ。
(4.0)
珍しく直火のできるキャンプ場。
キャンプ場までの道がとても分かりにくい。大菩薩ラインの奥まった所に看板があり、林道を1時間走るとある。
笠取山の麓にある。周囲10キロほどに店がない為、食料持参をおすすめする。
スーパーに行くとしたら塩山市街地まで出なければない為、往復で4時間くらいはかかる。
水場とトイレのみのとても広いキャンプ場な為、ワイルドなキャンプをする方におすすめする。
(5.0)
猛暑の夏でもとても涼しく昼間から焚火をしても楽しめるほどでした。
甲府市内の気温が37度ほどでしたが、こちらのサイトは25度程度ととても涼しかったです。
沢が流れているサイトがおすすめです。
一言で野営とキャンプ場の中間って感じのサイトでした。
個人的な感想はチョー最高です!
(4.0)
10月初めにソロで利用しました。
コーヒーを飲みながら、そうそう、こういうのがキャンプ(野営)という感じを味わうことができます。
酷道を超えていき、設備も最低限ですので初心者、ファミリーには厳しいかも。
寒暖差が大きいので寝る際は少し暖かい装備をおすすめします。
なお、電波は届きませんでした。
(5.0)
広大な敷地は川で囲まれ、自然がたくさん。
高低差があるのでソロ向け。
管理人さんの説明はとても分かり易い。
バイクのソロキャンプで初めて訪問。
とても気に入りました‼️
(5.0)

キャンプ場のレビューで、星の数の平均が4.4と高評価

施設の設備としては必要最低限で、電波も届かないし、バンガローに電源もない、もちろん電源付き区画サイトもない・・・、それでも「自然の中で野営しているようなキャンプができる」「自由にソロキャンプができる」という面で評価をしている方が多いですね。

「今よりも便利にしなくていいから、そのまま自然の中のキャンプ場でいて!」という利用者の希望がレビューからも伝わってくるようです。

ヒロシさんもソロキャンプを始めたばかりの頃には幾度も訪れたというお気に入りのキャンプ場。

人気が増えるにつれて、利用者のマナーなどによる問題が起きてしまわないよう、皆さん自然への敬意を持ちながら利用されているようですね。

車がテントのすぐ近くに置けるようなオートサイトではないのと、起伏も多い地形のため、なるべく身軽に向かう方が良いでしょう。


以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第3回目のロケ地、山梨県甲州市の一の瀬高原キャンプ場の施設紹介や利用料金、口コミなどをまとめました。

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第1回目に登場するロケ地キャンプ場についてはこちらを参照くださいね↓
【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】1・2回目 丹沢のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ|バイク紹介も

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です