【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】12話目 山梨県北杜市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ

「ヒロシです」のシュールなネタで一世を風靡してから15年、芸能界から一時離れた時期がありながら、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にすることなく思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの気が置けない芸人仲間と「焚火会」を結成、ヒロシさんを先頭に「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタートし、深夜に焚き火の炎で視聴者を癒してくれています。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第12話目「冬は俺を愛すだろうか」に登場するロケ地キャンプ場の紹介をします!

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」12話目のロケ地は?

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2は1夜に2話分を続けて放送することが多く、2話分のロケ地は同じパターンが多いです。
(奇数回でキャンプ場到着と設営・昼食まで、偶数回でキャンプ場での晩ごはんから焚き火の夜〜朝、という感じ)

今回の「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第12話目「冬は俺を愛すだろうか」も、前回に引き続き宿泊したキャンプ場は「尾白川リゾートオートキャンプ場」

尾白川リゾートオートキャンプ場の利用料金などは第11話のロケ地紹介記事で取り上げていますので、チェックしてみてくださいね↓
【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】11話目 山梨県北杜市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ|登場ギア紹介も

山梨県北杜市白州町|尾白川渓谷

今回第12話では、宿泊するキャンプ場からちょっと移動し、秋の紅葉を求めて「紅葉スポット」と呼ばれる場所へ足を伸ばしてみたヒロシさん。

向かった先は、尾白川をさらに上流へ登った先にある尾白川渓谷でした。

東京都内からだと中央自動車道を経由して車で2時間20分ほど。

手間の駐車場から渓谷まで10分弱ほど歩きます。自然の中のトレッキング気分が味わえて良さそうですね。

ヒロシさんが訪れた日は、まだ紅葉の絶盛期!にはあと少し・・・という感じでしたが、それでも十分に美しかったですね。


(出典:bs.tbs.co.jp

ヒロシさんがキャンプをした尾白川リゾートオートキャンプ場からは車で6分ほどの距離です。

紅葉のシーズンだけでなく、雄大な自然を体感しに足を運んでみたい場所ですね。

山梨県北杜市白州町|白州観光尾白キャンプ場

尾白川渓谷の駐車場から尾白川渓谷へ歩く道すがら、ヒロシさんが発見したキャンプ場。

「ここ、良さそうだね!」とヒロシさんが目をつけたキャンプ場は、白州観光尾白キャンプ場です。


(出典:bs.tbs.co.jp

ヒロシさんもスタッフさんも全くノーチェックだったようで、「今はもうやってないのかな?」「あ、BBQとかはできる?」「おっ!キャンプって書いてあるよ!」と大興奮でした。

うっそうとした林の中にひっそりと佇むキャンプ場で、およそ30のフリーサイトと6棟のバンガローがあります。

目の前には清流・尾白川が流れ、浅瀬で水遊びをしたり、少し深さのある場所では飛び込んで遊んだりと、夏場は川遊びのできるキャンプ場としても人気。


(出典:yamanashi-kankou.jp

魚や虫を観察したり、林の中を歩いたり、ハイキングコースもあって自然を満喫できるキャンプ場です。


(出典:yamanashi-kankou.jp

自然の地形を活かして作られたキャンプ場のため、高低差があったり、道が狭くて車が入りにくい・・・などの不便さはありますが、「それも含めてキャンプの楽しさ」と感じるキャンパーの方も多いようで、知る人は知るキャンプ場となっています。


(出典:yamanashi-kankou.jp

利用料金は、以下のようになっています。

テントサイト ¥1,000 / 名・泊
バンガロー ¥2,000 / 泊
デイキャンプ ¥400 / 名
駐車場 ¥1,000(車)・¥500(二輪車)

(※利用料金は変更になる場合もあります。予約の際に確認してください。)

駐車場台がかかりますが、それにしても良心的な価格ですよね・・・!

お風呂は車で5分の場所に「尾白の湯」という温浴施設があるので、足を伸ばしてゆっくり温泉にもつかれます。

白州観光尾白キャンプ場

 

〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須8886

0551-35-2345

営業時期:4月1日~11月中旬まで

チェックイン 12時 / チェックアウト 12時

広告
fdomesのバナー画像

白州観光尾白キャンプ場の評価・口コミ

実際に白州観光尾白キャンプ場を利用した方の声を、Googleレビューから抜粋しました。

白州観光尾白キャンプ場の評価
正直、一般公開して欲しくないです。
キャンパーとしては三本指。
キャンプの趣旨を理解してる方にはOK。
世間一般では短所が自分は長所ですね!
(4.0)
直火OK、薪もそこら辺に落ちています。
汲み取り式トイレが大丈夫な人なら良いキャンプ場だと思います。
(4.0)
渓流近くで直火OK。売店・レンタルもあってとても快適なキャンプサイト。
トイレが汚いという向きもありますが、山小屋よりは全然きれいです。
尾白渓谷駐車場からの道が狭いのと、キャンプ場内の駐車は自由なため無造作に停められた車を避けて駐車するドライビング力が必要です。 
(4.0)
自然そのままの昔ながらのキャンプ場といった雰囲気で、虫取りや魚釣り、水遊びなど自然を満喫できるキャンプ場だと思います。
(4.0)
虫が平気な人なら大人から子供まで遊べるキャンプ場。
現場までの道が細く面倒くさいが、それだけの価値はあると思う。
私にとっては最高の本当はあまり人に教えたくないキャンプ場。
(4.0)

トイレが汲み取り式で・・・という点をマイナスポイントとして挙げている人が多いですが、その点を上回る自然の良さがあり、ある程度上級のキャンパーさんやアウトドアに慣れている家族にはかなりの高評価です。

実際、「他の人には教えたくない」と書いている方が複数います。

トイレは5分ほど歩けば尾白川渓谷の駐車場の公衆トイレが綺麗という話もあり、皆さん工夫して使っているようですね。

また、直火で焚き火ができる点を評価している声も多いです。ただその分、地面に灰が残って汚れているという声もあるので、それぞれのマナーでキャンプ場の良い点を保っていけると良いですね。

敢えて多くの手を入れずに自然をそのまま利用した感じのキャンプ場、確かにヒロシさんも好きそうな場所ですね。


以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第12話目のロケ地、山梨県北杜市白州村の尾白川渓谷と白州観光尾白キャンプ場の施設紹介や利用料金、口コミなどをまとめました。

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第1話目〜10話目に登場するロケ地キャンプ場についてはこちらを参照くださいね↓

【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】1・2回目 丹沢のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ|バイク紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】3・4回目 山梨県甲州市のロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金に口コミまとめ 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】5・6回目 山梨県小菅村のロケ地キャンプ場はどこ?|バーナー・浄水ボトル紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】9・10話目 四尾連湖 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金|登場ギア紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】11話目 山梨県北杜市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ|登場ギア紹介も

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です