【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】9・10話目 四尾連湖 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金|登場ギア紹介も

「ヒロシです」のネタで一世を風靡してから15年、芸能界から一時離れた時期がありながら、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にすることなく思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの気が置けない芸人仲間と「焚火会」を結成し、それぞれがソロキャンプやグループキャンプをする様子をYoutubeチャンネルで紹介。ヒロシさんを先頭に、「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

また、嵐の大野智さんとのソロキャンプ企画も好評、ふたりの素の姿が癒される〜と広い層から支持をされています。

【嵐にしやがれ】ヒロシとサトシのソロキャンプ「秋のキノコ狩りキャンプ」のロケ地は?|キノコ狩りの注意点も

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタート

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第9話目「湖畔にて 独り」・10話目「わかれ道の選び方」に登場するロケ地キャンプ場やヒロシさんの愛用キャンプ道具をまとめました。

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」9・10話目のロケ地は?

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第9話目「湖畔にて 独り」・10話目「わかれ道の選び方」では、秋の紅葉を求めて山梨県に向かったヒロシさん。

キャンプ場に到着する前に、恒例の食材調達に立ち寄りました。

「広いスーパーに行っても何を買うか迷うだけだから、小さいスーパーでそこにあるものから選ぶ」と話すヒロシさん、今回も地元の人情味溢れるスーパーに立ち寄りました。

甲府市|角田食料品店


(出典:bs.tbs.co.jp

山梨県、ということで桃を求めて立ち寄った、角田食料品店。

山梨県甲府市ののどかな住宅街にある、地元のスーパーです。

東京都内から1時間40分ほど。

季節外れだったため桃を買うことはできませんでしたが、さんまやボンカレー、お肉、鯛焼きなどを買ったヒロシさん。

なんと自家製桃のシロップ漬けをプレゼントしてもらいました。

人情あふれる、田舎のスーパーって感じでほっこりしますね。

西八代郡|四尾連湖 水明荘キャンプ場

角田食料品店から車で北に30分、到着したキャンプ場は、四尾連湖 水明荘キャンプ場


(出典:bs.tbs.co.jp

四つの尾を連ねた竜が住んでいる湖という名前の由来を持つ自然湖・四尾連湖の湖畔にあるキャンプ場で、標高850mの湖畔にサイトが広がっています。

ドラマ化した人気アニメ「ゆるキャン△」の第6・7話のロケ地になったことでも有名なキャンプ場ですね。

ゆるキャン△実写ドラマ第6話の聖地キャンプ地や登場グッズは?なでしこ姉は誰?ネタバレ感想も ゆるキャン△実写ドラマ第7話の聖地キャンプ地や登場グッズは?鳥羽姉妹のプロフィールとネタバレ感想も

受付と反対側の岸にキャンプサイトがあるので、ぐるっと湖を500mほど周って行く必要がありますが、サイトからの湖の景色が格別。

利用料金は以下のようになっています。

大人(中学生以上)平日(月〜木) ¥1,500 / 泊・名
大人(中学生以上)週末・休日料金 ¥2,000 / 泊・名
子供(小学生以上) ¥1,000 / 泊・名
駐車料金(1組1台のみOK) ¥400 / 泊

トイレは、管理棟近くに水洗トイレがあるほか、サイト側にも炊事場と水洗ではないトイレが用意してあります。

シャワーの設備はないので、車で30分ほどの温泉施設 みたまの湯 など近隣の温泉がオススメ。

電話での完全予約制(055-272-1030)で、受付時間は9:00〜19:00となっています。

四尾連湖 水明荘

 

〒409-3602 山梨県西八代郡市川三郷町山保3378

055-272-1030

営業時期:通年(冬季は積雪による)

チェックイン 13時~17時 / チェックアウト 11時

 

大勢でワイワイというよりは、ソロや少人数家族でまったり過ごすタイプのキャンプ場で、1組につき車1台での利用のみOK。

グループでの利用はできないことになっています。

冬季(12月〜3月)は凍結防止のためキャンプ場内の水道は使用ができないため、水タンクの持参を忘れずに(お水は受付で入れられます)。

広告
fdomesのバナー画像

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」9話目に登場した注目ギア

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第9話目「湖畔にて 独り」では、ヒロシさん愛用のナイフが紹介されました。

焚火会の仲間から誕生日にプレゼントされたというナイフで、「死ぬまで使い続けて、死んだら棺桶に入れてもらう」と言うほどヒロシさんが愛用しているナイフ。


(出典:bs.tbs.co.jp

薪を細く割ったり、フェザースティックを作ったり、そしてお肉を切ったり、さらには火打ちで火起こしにも使ったり・・・と、「コレ1本で何でもできる」というナイフは、HELLE(ヘレ)のDidi Galgalu(ディディ・ガルガル)


(出典:uneplage.net

ノルウェイの工房でひとつひとつ丁寧に作られ、世界中のナイフ愛好家から指示されているHELLEのナイフ、このDidi Galgaluはケニア北部の砂漠から名付けられたナイフで、シーズ(ナイフの鞘)にアフリカの形が型押ししてあります。

本体価格は税別¥19,500。

日本のHELLEナイフ代理店で取り扱いがありますが、入荷数が少ないとのことで品切れのことも多い模様。

確かに、ソロキャンプをするには重宝しそうな万能さと、カッコ良さ、ヒロシさんが愛用しているのも納得ですね。

ヒロシさんの愛用ギアについてはこちらでも紹介しています↓

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第9話目「湖畔にて 独り」・10話目「わかれ道の選び方」に登場するロケ地キャンプ場やヒロシさんの愛用キャンプ道具をご紹介しました。

ヒロシさんがキャンプをする様子を眺めていると、どうしてこんなにキャンプに行きたくなるんでしょう(笑)。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です