【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】13・14話目 千葉県君津市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ|ハンモック・寝袋紹介も

「ヒロシです」のシュールなネタで一世を風靡してから15年、芸能界から距離を置いた時期がありながらも、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にせず思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの芸人仲間と「焚火会」を結成、ヒロシさんを先頭に「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタートし、深夜に焚き火の炎で視聴者を癒してくれています。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第13話目「俺の憧れをあつめて」に登場するロケ地キャンプ場や登場したヒロシさんの愛用ギアの紹介をします!

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」13話目のロケ地は?

これまでわりと山梨方面でのロケが多かった「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」ですが、今回の13話では昔釣りをよくしていた頃にヒロシさんが来ていたという、千葉方面へ。

東京都心から車で1時間30分ほどの、千葉県君津市へ向かいました。

千葉県君津市|青空ジャンボセンター

まずは恒例の食材調達。


(出典:bs.tbs.co.jp

大きなスーパーをあまり好まないヒロシさん、なるべく地域密着型の小型スーパーを選んでいますが、今回立ち寄った「青空ジャンボセンター」は中でもけっこう大きなスーパーの部類に入りそうでしたね。

この青空ジャンボセンターの特徴は、ひとつのスーパーではなく魚・肉・青果・酒の専門店がそれぞれ肩を並べている市場のような作りになっていること。

特に「肉の天池」では美味しくて希少なお肉も充実しているとのことで、地域の人はもちろんキャンプの食材調達にも人気です。

また「青果やおしん」では、新鮮な季節の地物野菜が買えるので、キャンプ前には立ち寄りたいですね。

千葉県君津市|オートキャンプ・フルーツ村


(出典:nap-camp.com

青空ジャンボセンターから車で30分ほど南下、今回の目的地のキャンプ場は、千葉県君津市の「オートキャンプ・フルーツ村」です。

オーナーさんが南国風をイメージして作り上げたこだわりのサイトが点在する広大なキャンプ場で、山の木々に囲まれた敷地には多くの木が生い茂り、自然を満喫できます。


(出典:bs.tbs.co.jp

広い敷地ですがオートキャンプ場でサイトまで車を入れることができるので、ヒロシさんのようにまずは足で歩いてめぼしい場所をみつけてから、車を移動するのが良さそうですね。

場内には小糸川が流れていて、流れの少ない川でのカヤックも楽しめます。


(出典:nap-camp.com

カヤックで川を進むと洞窟があったりして、ワクワクしますね。


(出典:nap-camp.com

施設内にはオートサイトとバンガローがあり、オートサイトの利用料金は、通常サイトで1泊¥5,000、AC電源付きサイトで1泊¥6,000

オートキャンプサイトの1区画当たりの広さは平均8m×10m、1サイトの料金には大人2名・子供2~3名・車1台の料金が含まれています。
(※利用料金は変更になる場合もあります。予約の際に確認してください。)

共用のシャワールーム(¥300)の他、車で5分ほどのところに温浴施設「ロマンの森共和国 白壁の湯」もあるので行きや帰りに立ち寄ってみるのも良さそう。

ヒロシさんは初めて訪れたそうですが、特に奥の崖下にあるサイトに圧倒され、「想像以上の絶景のあるキャンプ場」と評していました。

オートキャンプ・フルーツ村

 

〒292-1178 千葉県君津市旅名96

043-938-2255

営業時期:通年

チェックイン 12時〜 / チェックアウト 〜12時

広告
fdomesのバナー画像

オートキャンプ・フルーツ村の評価・口コミ

実際にオートキャンプ・フルーツ村を利用した方の声を、Googleレビューから抜粋しました。

オートキャンプ・フルーツ村の評価
川が流れていて、カヌーが出来ます。
カヌーから見た崖等の景色は圧巻でした。
子供連れには最高です。
周辺には全ての物が揃っているので、問題ありません。
でも、キャンプ場で色々な体験等があり、目一杯楽しめます。
バームクーヘン作りは時間がかかりましたが、楽しかったです。
(5.0)
大自然でした。
特に人が少なかったこともあってか、夜寝ていると鹿が走ってたり。
猿が普通に歩いてました。
ちょっと想像以上にワイルドでした。
(5.0)
自然環境を生かしたキャンプサイトだと思います。
サイトを降りていくと川がありますが、開けた空間や山の緑が美しいです。
サイトは植込みで囲われたエリアや高い木々に囲まれたエリア、広々とした芝生のエリアなどがあります。
木々のエリアには遊具がぶら下がっていて、子供たちにも人気です。
自然に触れられる心地よい環境でした。 
(5.0)
[value 4]サイトは場所によって、広かったり狭かったり、若干斜めになってるとこがありました。
トイレは綺麗!!
カヌーやレザークラフト、燻製作り、バウムクーヘン作りなどがあり、子供だけじゃなく大人も楽しめました。
(1.0)

自然が多いことと、アウトドア体験(カヌー・カヤック・バームクーヘン作りなど)、体験教室(レザークラフト・燻製体験など)が豊富で楽しめた!という声がとても多いですね。

実際、ヒロシさんが訪れた際にもサイトのすぐ近くに猿が何匹もいました。

自然が多くて野生動物が多い分、食事に使った道具の片付けやゴミの処理などは気をつけたほうが良さそうです。

ファミリー向けのキャンプ場ということで子供から大人まで楽しめるように工夫がされていますが、ソロキャンパー向けのお得なキャンペーンなども実施されているようなので、ぜひHPをチェックしてみてくださいね。

ヒロシさんの愛用ギア紹介

これまでも何度か紹介してきたヒロシさんの愛用道具ですが、今回も愛用のハンモックと寝袋(シュラフ)が登場したのでご紹介します。

ハンモック|DD Hammocks DD フロントライン ハンモック (オリーブグリーン)

ヒロシさんが1年を通じてソロキャンプ時に愛用している、DDハンモックのDDフロントラインハンモック

今回のロケではオリーブグリーンのタイプを使用していました。


(出典:amazon.co.jp

価格はAmazonで¥13,200。

ヒロシさんは同じタイプの迷彩柄も所有していて、気分で使い分けているみたいですね。
もはやヒロシさんの代名詞とも呼べそうなハンモックです。

(出典:amazon.co.jp

 

こちらはAmazonで¥16,335です。

アンダーブランケット|DDハンモック DD Underblanket

冬場はさすがにハンモックだけでは寒い・・・ということで、冬のハンモックソロキャンでヒロシさんが愛用しているのが、同じくDDハンモックのアンダーブランケット

(出典:amazon.co.jp

ハンモックの下の部分に取り付けて、地面からの冷気を防ぎ、自分の体温で保温してくれます。


(出典:bs.tbs.co.jp

価格は、Amazonで¥9,500。

冬場もハンモック泊がしたい場合には必携ですね。

寝袋(シュラフ)|Mont-bell アルパインダウンハガー800 #0

以前、安い寝袋を買って使ったら寒かったことが忘れられない・・・というヒロシさん。

冬のキャンプ用にはしっかりと温かい寝袋を持参しています。

愛用しているのは、Mont-bell(モンベル)のアルパインダウンハガー

(出典:webshop.montbell.jp

暖かさと軽さを両立した高品質ダウンのダウンハガー800で、最も暖かく雪山などでも使用できる#0を使っています。

価格は、モンベルの公式サイト¥52,000(税別)。

かなり高級な部類の寝袋ですが、寒くて眠れないことを考えたらこれは必要ですね。

テントではなくハンモック泊ならなおさらです。

その他ヒロシさん愛用のギアについては、他の記事でも紹介していますので興味があったら覗いてみてくださいね。

マツコも絶賛!ヒロシ流ソロキャンプと山を買った理由に焚き火の火起こし道具紹介|マツコ会議 ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介 【嵐にしやがれ】ヒロシとサトシのソロキャンプ「秋のキノコ狩り」登場の迷彩ハンモックのメーカーや値段まとめ 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】7・8回目 秋川渓谷 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金|ウッドストーブ紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】9・10話目 四尾連湖 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金|登場ギア紹介も 【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】11話目 山梨県北杜市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ|登場ギア紹介も

以上、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第13話目「俺の憧れをあつめて」に登場するロケ地キャンプ場や登場したヒロシさんの愛用ギアの紹介でした。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です