PICA Fujiyamaのアメージングドームでグランピングの料金プランや食事メニューに口コミ紹介

手軽に快適なアウトドア体験ができることで人気のグランピング。

都心から2時間以内で、富士山や自然を身近に感じることのできる山梨県は、週末ののんびりリフレッシュしたい人にも人気のリゾート地が多くあり、グランピング施設も年々増加しています。

今回はそんな山梨県の富士河口湖町にあるリゾート宿泊施設・PICA Fujiyamaで体験できる、人気のドームテントでのグランピングについて料金プランや食事メニュー、口コミなどをご紹介します!

PICA Fujiyamaってどこにある?

PICA Fujiyamaがあるのは、山梨県の富士河口湖町、富士五湖の河口湖と山中湖のちょうど真ん中あたりです。

近くには富士すばるランド富士急ハイランドもあり、子供連れの家族にもオススメのロケーション。

施設内からは目の前に富士山が望め、河口湖ICから車で10分と山道の移動もないので車酔いの心配もなく、気軽に出かけられる宿泊施設です。

車でのアクセス

  • 東京都内から1時間40分:中央自動車道経由、河口湖ICから10分
  • 名古屋市内から3時間30分:伊勢湾岸自動車道、新東名高速道路、東富士五湖道路経由、富士吉田ICから20分
  • 静岡市内から1時間45分:新東名高速道路、東富士五湖道路経由、富士吉田ICから20分

公共交通機関を利用する場合は、最寄りのバスターミナルまたは駅から、無料の巡回バスが利用できます。

  • 富士急行線河口湖駅から15分
  • 富士急ハイランド駅から20分
  • 富士山駅から30分

PICA富士吉田に巡回するバスの時刻表はこちらを参照ください
富士急行無料巡回バス時刻表

河口湖駅までのバス・電車でのアクセス

  • 新宿駅から1時間50分:バスタ新宿から高速バスが30分おきに運行
  • 新宿駅から2時間:中央線特急〜富士急行線
  • 名古屋駅から3時間10分:新幹線で三島まで、三島から河口湖駅までバス
  • 大阪駅から4時間30分:新幹線で三島まで、三島から河口湖駅までバス

河口湖駅や富士急ハイランドへは、各地から高速バスが運行しているので、チェックしてみてくださいね。

*施設情報*

  • 公式HPPICA Fujiyama
  • 住所:〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
  • Tel:0555-30-4580(PICAヘルプデスク)
  • 営業時期:通年
  • 滞在タイプ:ドームテント
  • 食事:夕・朝食付き
  • 予算:¥10,000〜 / 名
  • 定員:4名
  • 持ち込み:要問合せ
  • 子供連れ:OK
  • 駐車場:あり
  • ペット:NG
  • アクセス
    東京都内から車で1時間40分
    河口湖ICから車で10分
    富士吉田ICから車で20分

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

広告
fdomesのバナー画像

PICA Fujiyamaのアメージングドームのお部屋・料金プラン

2018年7月にオープンした、PICA Fujiyama

静岡県や山梨県で何箇所もリゾート宿泊施設を運営している、PICAリゾートの施設です。

PICA Fujiyamaには普通にキャンプができるテントサイト、コテージ、トレーラーコテージ、そしてPICA Fujiyamaオリジナルのアメージングドーム(ドーム型テント)での宿泊ができます。

中でも、よりグランピングらしい体験ができそうなアメージングドームのお部屋設備やアメニティー、料金プランなどのご紹介です。

アメージングドームのお部屋設備とアメニティー

アメージングドームは、自然との一体感を得られるよう設計されたPICAオリジナルのドーム型テントです。


(出典:pica-resort.jp

直径は約6m、定員は4名(3歳以下は定員に含まず)で通年利用できます。

中は明るくて天井が高くて開放的、おしゃれなインテリアが配置してあって冷暖房も完備。


(出典:pica-resort.jp

大きな窓から自然をより近くに感じることができます。


(出典:pica-resort.jp

アメージングドームの室内設備

  • ローベッド×2
  • エアウィーヴマット×2
  • ローテーブル
  • チェア×2
  • 冷暖房
  • 冷蔵庫
  • 電気ケトル
  • フェイスタオル・歯磨きセット
  • 電気照明
  • 扇風機
  • マグカップ

アメージングドームの屋外設備

  • シェード
  • ローテーブル
  • チェア
  • 焚き火台
  • 2人用ハンモック
  • 屋外用電気照明
  • 天体望遠鏡もしくは双眼鏡(先着順で無料貸出)

シャワーはセンターハウス内のシャワー室を無料で利用でき、シャンプー・コンディショナー・ボディソープは付属しています(バスタオルは持参・もしくは¥200でレンタル可)。

テントにはBBQなどの調理器具の備え付けがないため、自由に食材を持ち込んで調理することはできません。
その代わり豪華なお食事がついていますのでご安心を。

焚き火台がついているので、薪を持ち込むか施設内で購入して、のんびり焚き火が楽しめます!

アメージングドームの料金プラン

PICA Fujuyamaでは、シーズンや曜日によって細かく料金設定があり、A〜Gに区分されています。

A料金(1泊 / 名) ¥10,000
B料金(1泊 / 名) ¥12,000
C料金(1泊 / 名) ¥14,000
D料金(1泊 / 名) ¥16,000
E料金(1泊 / 名) ¥18,000
F料金(1泊 / 名) ¥20,000
G料金(1泊 / 名) ¥22,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

カレンダーの料金区分につきましては、PICA Fujiyamaの料金ページをご参考ください。

PICA Fujiyamaのアメージングドームのお食事メニュー

グランピングの楽しみのひとつが、食事。

PICA Fujiyamaのアメージングドーム泊は、夕食と朝食がセットになっています。

夕食・朝食ともにレストランでゆっくり頂くスタイル。
テント泊でグランピング気分は味わいたいけれど、BBQの煙が苦手だったり、食材を焼いたりするのは手間だしそんなに好きじゃない・・・という方にオススメのプランです。

夕食メニュー例


(出典:pica-resort.jp

  • 前菜
    イイダコのトマトマリネ・季節のカナッペ・伊豆鹿のボローニャソーセージ・イベリコ豚のローストポーク・季節野菜のミニスープ
  • 牛肩ロースステーキ
  • リーフサラダ
  • デザート
  • パン

朝食は、洋食も和食も楽しめるビュッフェスタイル
好きなものを好きなだけ選べるのが嬉しいですね。

朝食メニュー例


(出典:pica-resort.jp

  • 洋食
    パン、イングリッシュマフィン、フィリング
    ベーコンスライス、ソーセージ、ロースハム
    リーフサラダ、豆サラダ
    スープ
  • 和食
    お粥
    塩サバ、焼き鮭、ほぐし鶏
    筑前煮、卵焼き他、ドリンク

※食事メニューは時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

朝食に関しては、宿泊人数によってはビュッフェではない場合もあるとのことなので事前にお問い合わせを

これだけ充実したお食事がついていることを考えると、オフシーズン料金はかなりリーズナブルと言えますね・・・!

PICA Fujiyamaのアメージングドームの評価・口コミ

実際にPICA Fujiyamaのアメージングドームを利用した方の声を、Googleレビューや予約サイトから抜粋しました。

PICA Fujiyamaのアメージングドームの評価
PICA Fujiyamaアメイジングドームに
6月の土日に一泊しました。
キャンプをやってみたいけど、めんどくさいのや、快適じゃないのは嫌だなぁ、と言うわがままな現代人の私にぴったりでした!
(5.0)
他では味わえない雰囲気での宿泊でした。
(4.0)
自分が泊まった今までの宿泊施設で、人生最高でした。
アウトドアも味わえ、非日常の中で、美味しいレストランディナーも堪能できました。
ドームに泊まりましたが、夏はドーム、冬はコテージ、といった使い方もよいかと思います。
敷地も広く、非常に綺麗にされており、トイレ、シャワーも清潔感に溢れていました。
アウトドアに挑戦したい家族には最高の宿泊施設になると思います!
(5.0)

まだ新しい施設ということもあり、設備が綺麗で快適、という声がキャンプ泊・コテージ泊でも多いです。

ホスピタリティーの評価も高く、さすがPICAリゾートだなという感じですね。

Googleレビューの平均も堂々の星4.5。目の前に富士山が望めるロケーションで快適な宿泊のできる施設です。

PICAリゾート運営のグランピングができる施設は他にもこんなにあります⬇️

PICA八ヶ岳明野で手ぶらキャンプ!料金プランやレンタル品・食材メニューを詳しく紹介 PICA富士吉田のグランピング(パオ&テント)料金プランやアクセスに口コミ紹介 PICA山中湖のグランピング宿泊料金&食事プランとアクセスや口コミ紹介 PICA富士西湖のアクセスやグランピング料金プランにアクティビティーと口コミまで

まとめ

今回は、山梨県の富士河口湖町でグランピングが楽しめるPICA Fujiyamaのアメージングドームをご紹介しました。

利用して快適でメンテナンスも楽チンなドーム型テントはグランピング施設でも人気が高まっています。

ドームテントってどうなんだろう?と気になる方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね!

グランピング施設でドームテントが人気の理由|オススメ3タイプを比較してみた
広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です