★長野でグランピング&キャンプサウナ★戸隠キャンプ場のプランや料金に口コミなど紹介

手軽で快適なアウトドアが楽しめると人気のグランピング。

自然に恵まれた長野県には多くのグランピング施設やグランピングのできるキャンプ場があります。

今回は、中でも長野県北部、北信地域にある戸隠キャンプ場について、プランや口コミなど詳しく紹介します!

戸隠キャンプ場ってどこにある?

戸隠キャンプ場は、長野県北部の戸隠山からほど近く、逆サ川のそばにあります。

車で信濃町インターから30分、長野市内から40分の距離にあり、長野駅からも路線バスでアクセス可能(約1時間)

長野駅までは東京から北陸新幹線で約1時間30分なので、車がなくても東京駅から2時間30分で、東京とは全く別世界の大自然あふれるキャンプ場に到着できます。

信濃町インターから5分、国道18号沿いにスーパー(第一スーパー)があり、BBQ用の食材などはここで調達すると良いそう。

また、キャンプ場から車で10分〜35分の範囲内に4件の温浴施設があるので、ゆっくり温泉に浸かって休みたいな・・・という方にもオススメです。

*施設情報*

  • 公式HP戸隠キャンプ場
  • 住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠 大洞沢3694
  • Tel:026-254-3581
  • 営業時期:4月下旬〜11月初旬
  • 滞在タイプ:テント・バンガロー・ログキャビン・コテージ
  • 食事:持ち込み
  • 予算:グランピング4名で¥50,000〜 / 泊
  • 定員:4〜6名(宿泊施設による)
  • 持ち込み:OK
  • 子供連れ:OK
  • 駐車場:あり
  • ペット:リード付きでOK、室内NG
  • アクセス
    東京都内から車で3時間50分
    長野駅から車で40分

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

広告
fdomesのバナー画像

戸隠キャンプ場の宿泊施設と料金

戸隠キャンプ場には、3種類のキャンプサイト、3種類の建物サイトに加え、グランピングできる「サウナ付きオールインワンプレミアムサイト」があります。

戸隠キャンプ場では、テントやタープを始め、寝袋やBBQコンロなどキャンプに必要なものはレンタルできるので、手ぶらでキャンプも楽しめるのが特徴(食材・飲み物は別)。

テント・椅子(4脚)・テーブルがセットになった「テント基本セット」のレンタルもあります。


(出典:togakusi.com)

それぞれのサイトについて、特徴と料金体系をまとめてみました。

テントサイト1:フリーサイト


(出典:togakusi.com)

予約不要で宿泊できる、人気のフリーサイト

川沿いや林の中など、好みの場所を選んでキャンプをすることができます。

車やバイクで乗り入れることができるので荷物の搬入・搬出にも便利。

料金体系は、使用する面積や車の有無、シーズンによって細かく別れています。

テントサイト・フリーサイトの利用料金(1泊)

利用形態 レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
テント1張+車1台 ¥3,000  ¥4,000  ¥4,500
タープ・スクリーン・シェルター1張 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,500
テント1張のみ ¥2,000 ¥2,500 ¥2,500
普通車 駐車料金(車中泊含む) ¥1,000 ¥1,500 ¥2,000
中型車 駐車料金(車中泊含む) ¥3,000 ¥3,500 ¥4,000
バイク 駐車料金 ¥500 ¥500 ¥500

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

テントサイト2:区画サイト


(出典:togakusi.com)

予約制の区画サイト

あらかじめ予約しておける上、テント設営用に平らにしてある土地なので、キャンプ初心者や小さな子供連れにオススメのサイトです。

10m×10mの広々とした区画で、車1台分の駐車スペースも含まれています。

テントサイト・区画サイトの利用料金(1泊)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥4,000 ¥6,000 ¥8,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

テントサイト3:電源・水道付きサイト


(出典:togakusi.com)

区画サイトの2倍の面積で、電源と水道が設置された便利なサイト
広々しているので、キャンピングカーでの滞在やグループキャンプにオススメです。

テントサイト・電源・水道付きサイトの利用料金(1泊)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥8,000 ¥10,000 ¥10,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

テントサイト4:戸隠ベースキャンプ


(出典:togakusi.com)

戸隠キャンプ場から、戸隠山、高妻山、飯綱山、黒姫山、瑪瑙山など周辺登山を行う人向けのお得で便利なプラン、戸隠ベースキャンプ

通常のフリーサイトでは10時にチェックアウトしなくてはならないところ、早朝に登山に出かける登山客に限り、17時までテントを張ったままでもOK、さらにシャワールームなども17時まで利用できる、という嬉しいプランです。

予約不要、フリーサイト内のみ使えるプランで、2名までの登山テント+軽・普通自動車1台が対象になります。

戸隠ベースキャンプの利用料金(1泊)

レギュラーシーズン ハイシーズン
¥3,000 ¥4,000

建物サイト1:バンガロー


(出典:togakusi.com)

3畳ほどの室内に、2段ベッドが2台設置してある、最大定員5名のバンガロー
リーズナブルな価格設定で、登山などを目的に宿泊する人にも人気です。
寝具や電源は付属していません。

バンガローの利用料金(1泊・車1台込み)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥5,000 ¥5,000 ¥5,500

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

建物サイト2:ログキャビン


(出典:togakusi.com)

畳のフローリングに電源と照明が設置されているバンガロー
テント泊に抵抗のある人や、雨が心配な季節にオススメです。
最大定員は5名、テーブルやマットレスなどの寝具は付属していません。

ログキャビンの利用料金(1泊・車1台込み)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥9,000 ¥12,000 ¥12,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

建物サイト3:コテージ


(出典:togakusi.com)

和室8畳+ダイニング6畳、キッチン・デッキ・ロフトのついた最大定員6名のコテージ

お風呂やトイレも付いているので、別荘感覚で宿泊できます。

調理器具はもちろん、6名分の寝具や食器も揃っているので快適に滞在できそうですね。

コテージの利用料金(1泊・車1台込み)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥18,000 ¥24,000 ¥24,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

グランピング:サウナ付きオールインワンプレミアムサイト


(出典:togakusi.com)

グランピングスタイルでオススメなのが、サウナ付きオールインワンプレミアムサイト

ノルディスクのコットンテントが設置してあり、中にはエアベッド4セットと寝具、こたつ、AC電源などが備わっています(定員4名)。


(出典:togakusi.com)

焚き火台・薪やBBQコンロ、屋外用のテーブル・イス(4名分)もセットになっているので、食材を持っていけばすぐにグランピングが楽しめます。

さらに特徴的なのが、テントサウナが利用できること。


(出典:togakusi.com)

薪で熱くした石に水をかけて室内を暖めるロウニュウサウナなので、スチームサウナのような感じで気持ち良さそうです。


(出典:togakusi.com)

サウナで温まったら、すぐ横の川でクールダウン。最高ですね〜!

サウナ付きオールインワンプレミアムサイトの利用料金(1泊・車1台込み)

レギュラーシーズン オンシーズン ハイシーズン
¥50,000 ¥50,000 ¥50,000

※宿泊プランや宿泊料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

戸隠キャンプ場周辺のアクティビティー

せっかく戸隠に行くのなら、宿泊だけでなくアウトドアも楽しみたいですよね。

戸隠キャンプ場の施設内や周辺で体験できるアクティビティーをまとめてみました。

1:親水公園


(出典:togakusi.com)

戸隠キャンプ場上部の親水公園は、水深が浅くて小さな子供でも安心して遊べる広場になっています。

毎年、小学生以下の対象に開催されている魚のつかみ取り&炭火焼き体験も人気。
Web予約が必要なので、事前にHPをチェックしてみましょう。

2:川遊び・釣り


(出典:fumipon.naturum.ne.jp)

戸隠キャンプ場入り口近くの逆サ川でも川遊びや釣りが楽しめます。

キャンプ場内には遊漁券販売所もあり、ヤマメやイワナが釣れるそう。

夏は川遊び、涼しい時期には釣りを楽しむのもいいですね!

3:ふれあい動物広場・乗馬体験・ドッグラン

キャンプ場上流の親水公園横には、ふれあい動物広場や、乗馬体験ができるコーナーがあります。

ドッグランもあるので、犬を連れてキャンプに来た人もリードを離して遊ばせてあげられますね。

4:昆虫採集・標本作り


(出典:togakusi.com)

7月中旬〜8月中旬の夏休み期間に、保育園児〜中学生を対象に開催されている、「昆虫採集と標本作り」と「昆虫夜間燈火探索」

戸隠の昆虫先生と一緒に、キャンプフィールドや牧場内で昆虫を探したり、標本づくり体験をしたりできます。

夜は明かりに集まる虫を観察。

夏休みの思い出になりそうですね!
開催予定や持参品については、HPで確認してみてください。

5:登山


(出典:togakusi.com)

戸隠山や、日本100名山の高妻山、飯綱山、黒姫山、瑪瑙山など、周辺に山の多い戸隠キャンプ場では、登山も人気のアクティビティーのひとつ。

登山のベースキャンプに利用する人向けのお得なプランもあります。

6:戸隠神社巡り

戸隠山の麓にある戸隠神社は、奥社・中社・宝光社九頭龍社・火之御子社の五社からなっていて、その5社を周りながらハイキングをするのも人気のアクティビティーです。

戸隠キャンプ場から遊歩道もあり、奥社鳥居〜社殿までは片道2km、樹齢800年の三本杉をはじめ、迫力のある杉並木も楽しめます。

7:チビッ子忍者村


(出典:togakusi.com)

戸隠の遊び場所の定番、チビッ子忍者村

戸隠キャンプ場から車で10分ほどの距離にある忍者をテーマにしたアトラクション施設で、森の中にあるアスレチックをクリアしたり、手裏剣投げやからくり屋敷での修行が楽しめます。

日帰り温泉「神告温泉」も近くにあるので便利。

戸隠キャンプ場の評価・口コミ

戸隠キャンプ場について詳しくご紹介してきましたが、やっぱり実際に泊まった人の声は気になりますよね。

そこで戸隠キャンプ場のクチコミを、Googleレビューや予約サイトからまとめてみました!

戸隠キャンプ場の評価
程よい人数でゆっくりしたい方にはもってこいのキャンプ場だと思います。
下界は34度でもここは28度で、風も穏やかに吹いていてお昼寝するには最高の天候でした。
受付の方達もとても感じが良く、施設自体も今風の高規格キャンプ場といった感じですので、綺麗なところでキャンプしたい方にはとても過ごしやすい所だと思います。
(5.0)
トイレもキレイだし、川もあるし、お店もあるので言うことなしです!
予約なしというところが心配でしたが問題なく自分達の納得のいくところにテントを張ることができました。
(5.0)
ログキャビンや、コテージがあるので、テントを張らずにキャンプが楽しめます。
戸隠山の登山と合わせ技でキャンプする方もいます。
長野市内からのアクセスもよく、人気のキャンプ場なので、予約は早めに! 
(5.0)
フリーサイトは川遊びもできますし、子供が楽しい!
敷地が広いので、気兼ねもほとんどないです。
子連れなら、区画サイトよりフリーサイトがお勧め。
(5.0)
素晴らしいキャンプ場。フリーサイトはどこにするのかとても迷うがオススメは川沿い。
(4.0)
星がとてもきれいでした。
トイレもとてもきれいです。
キャビンを利用しましたが、車が横着けできました。
洗い場とトイレが便利な距離にあります。
(5.0)
サイトの広さが丁度良い感じ。
山の景色が気持ちいいキャンプ場。
(5.0)
眺望は、まずまず良く空気も綺麗でロケーションは良いです。
トイレも綺麗でお気に入りのキャンプ場です。
(5.0)

グランピングスタイルの「サウナ付きオールインワンプレミアムサイト」はまだ新しいサイトなため、口コミがありませんでしたが、キャンプ場としての評価はとても良好、Googleレビューでも平均して★4.3という高評価です。

予約不要のフリーサイトも人気ですね。

北信州の山々に囲まれてキャンプを楽しみたい方にぜひオススメしたいキャンプ場です。

グランピングに関する評価が今後出てきましたら加えていきますね!

まとめ

今回は、長野県の北信地方・戸隠にある戸隠キャンプ場について詳しく紹介をしました。

戸隠といえばお蕎麦でも有名な土地ですよね。お土産や記念にぜひお蕎麦も堪能してきてくださいね。

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です