【静岡県伊豆市】ラフォーレグランピングフィールド修善寺の料金プランや設備アメニティに食事メニューまとめ

手軽に快適なアウトドア体験ができることで人気のグランピング。

グランピングとは?本当の意味や名前の由来|キャンプとの違いを徹底解説

日本各地に、その土地の利や自然を活かし、趣向を凝らしたグランピング施設が続々とオープンしています。

特に、新型コロナウィルスの感染防止対策として、アウトドアに注目が集まったこともあり、「他の人と接することなく完結できるアウトドア泊を快適に行える施設」としてグランピングの人気は高まる一方ですよね。

今回ご紹介するのは、2021年4月にオープンした、ラフォーレグランピングフィールド修善寺

約50万坪という広大な敷地でディスクゴルフやパターゴルフ、テニスなどいろんなアクティビティも楽しめるせてくれるラフォーレグランピングフィールド修善寺のグランピング料金プランや設備・アメニティに食事メニューなどをご紹介します!

ラフォーレグランピングフィールド修善寺ってどこにある?

ラフォーレグランピングフィールド修善寺があるのは、静岡県伊豆市。

伊豆半島の真ん中やや上辺りに位置していて、関東・甲信越からアクセスしやすい場所にあります。

東京都内や横浜市から車でおよそ2時間、静岡市から車で1時間30分、さいたま市から2時間40分の距離。

SLと自然が楽しめる広大な花のテーマパーク「修禅寺 虹の郷」へも車で15分弱と、修禅寺や伊豆の観光にもぴったりのロケーションですね。

公共交通機関で向かう場合は伊豆箱根鉄道の修善寺駅から無料の送迎バスが出ていて、修善寺駅までは東京駅から「特急踊り子」で直通、2時間10分の電車の旅(+送迎バス25分)となります。

元々リゾートホテルやコテージ泊をしながらテニスやゴルフなどのアクティビティが楽しめる総合リゾート施設「ラフォーレ修禅寺」として運営されている場所で、施設の敷地はなんと東京ドーム35個!

大自然を体感できる広々とした施設内には、ゴルフコースやテニスコート、体育館などもあり、滞在中のアクティビティも充実してます。


(出典:laforet.co.jp

夏にはカブトムシやクワガタなど昆虫採集もできて、子供から大人まで自然遊びが満喫できそうですね。

*施設情報*

  • 公式HPラフォーレグランピングフィールド修善寺
  • 住所:〒410-2415 静岡県伊豆市大平1529
  • Tel:0558-72-3311
  • 営業時期:季節限定
  • 滞在タイプ:コットンテント
  • 食事:2食付き
  • 予算:¥22,506~ /名
  • 定員:3名
  • 持ち込み:NG
  • 子供連れ:OK
  • 駐車場:あり
  • ペット:NG
  • アクセス
    東京都内から車で2時間
    横浜市から車で1時間30分
    J東京駅から電車と送迎バスで2時間40分
    ※プランや料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。
広告
fdomesのバナー画像

ラフォーレグランピングフィールド修善寺のゲストルーム

ラフォーレグランピングフィールド修善寺のグランピングで採用されているのは、コットンテント


(出典:laforet.co.jp

「やっぱりグランピングといえばコレコレ!」な雰囲気の可愛らしいコットンテントで、4つのテントが伊豆の山陵を見渡す高台の景色が良いロケーションを選んで、点在するように設置してあります。

それぞれのテントにはプライベートアウトドアリビングが併設してあって、景色を眺めながらハンモックに揺られたり、BBQを楽しんだりできるようになっています。

テント内にはセミダブルベッド2台が設置してあり、最大定員は3名(2名以上は別途シュラフ)となっています。


(出典:laforet.co.jp

ラフォーレグランピングフィールド修善寺では広大な敷地にホテルやコテージなど様々な形態の宿泊を選んで滞在することができますが、季節限定のグランピングでは、より自然を楽しみながらプライベート感のある滞在ができるのが特徴ですね。

また、敷地内の「伊豆マリオットホテル修善寺」へはホテルの送迎車で5分でアクセスでき、wifiやAC電源のあるホールで自由に滞在もできるので、ちょっとしたデスクワークも可能。

家族でグランピングを楽しみたいけど、仕事の時間も必要・・・というお父さんやお母さんにも嬉しいサービスですね。

気になるお風呂は、グランピングサイトから歩いて3分の場所にある露天風呂付きの大浴場「森の湯」が利用できます!


(出典:laforet.co.jp

ラフォーレグランピングフィールド修善寺の設備・アメニティ


(出典:laforet.co.jp

グランピングでの宿泊というと、もうひとつ気になるのが設備・アメニティ。

施設によって用意してあるものや設備が異なるため、あらかじめチェックしておきたいですよね。

ラフォーレグランピングフィールド修善寺の設備・アメニティは以下のようになっています。

  • セミダブルベッド×2
  • ローテーブル、スツール
  • ハンモック
  • Bluetoothスピーカー
  • 扇風機
  • スタンドミラー
  • バスタオル、フェイスタオル
  • 歯ブラシ
  • ヘアーブラシ
  • シェーバー
  • ティッシュ
  • サンダル
  • 虫よけスプレー、殺虫剤 など

シャンプー類はお風呂に用意があるので、自分の身の回りのもの(パジャマ、着替えなど)だけ用意すれば大丈夫そうですね!

サンダルや虫除けスプレーも用意してあるのは嬉しいです。

広々とした敷地が楽しめる場所なので、荷物が少ない分、フリスビーとかバドミントンなどアウトドアで楽しめるものを荷物に加えると良さそう。

ラフォーレグランピングフィールド修善寺の食事

ラフォーレグランピングフィールド修善寺のグランピングプランは、夕食・朝食付きになっています。

夕食は、テントの横のアウトドアリビングで楽しむ本格BBQ


(出典:laforet.co.jp

フレッシュ野菜やジューシーなお肉など、ボリューム満点のこだわり食材を、本格BBQグリルのWeberでいただきます。

厚さ2cmのステーキやウィンナー、野菜を丸ごとグリルなど、豪快で美味しいメニューに加えて、アウトドアスイーツも楽しめます☆

朝食は、アウトドアリビングで楽しむオリジナルホットサンド


(出典:laforet.co.jp

食パンにハムやチーズを挟んで、ホットサンドメーカーで焼き上げます。もちろんサラダやスープもあってボリューム満点。

朝のすがすがしい空気や陽の光を感じながら、豆を挽いていれるコーヒーも格別ですね。


(出典:laforet.co.jp

ちなみに、朝食はホテルでのビュッフェも選択可能(チェックイン時に選択)。


(出典:laforet.co.jp

「ホテルに泊まったら朝のビュッフェが楽しみなんだよね〜」という方には嬉しいオプションですね。


以上、2021年4月に伊豆市にオープンしたラフォーレグランピングフィールド修善寺のグランピング料金プランや設備・アメニティに食事メニューなどをご紹介しました。

元々リゾートホテルのある総合リゾート施設なので、サービス面や立地、アクティビティにも定評があるラフォーレ修禅寺の新しいグランピングサイト、期間限定なので過ごしやすい季節ににぜひ体験してみてくださいね。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です