グランピングで人気のドームテントに泊まれる全国12施設紹介|2020最新

手軽に贅沢なアウトドア体験ができることで、人気が高まっているグランピング。

グランピングとは?本当の意味や名前の由来|キャンプとの違いを徹底解説

全国各地で、その土地の利を活かし、様々なスタイルやサービスを提供するグランピング施設がオープンしています。

グランピング施設でゲストルームとして使われるのは、主にテント。

グランピング用のテントメーカー人気ベスト3|特徴やメリット・デメリットは?

しっかりと自然を感じられるアウトドアな雰囲気を持ちながらも、不便さや不快さをできるだけ排除できるテントが模索されている中、人気を集めているのがドーム型のテントです。

グランピング施設でドームテントが人気の理由|オススメ3タイプを比較してみた

そこで今回は、丈夫で快適、季節を選ばず宿泊のできるドーム型テントを採用している12施設をご紹介します。

(簡単な説明の下のバナーから詳しい記事に移動します☆)

1.グランドーム京都天橋立|京都府宮津市


(出典:glamping-resort.jp

白いドームテントが立ち並ぶサイトが印象的な、グランドーム京都天橋立

日本三景のひとつ、宮津湾の天橋立からも近く、観光やマリンスポーツも楽しめる立地です。

エアコン完備の快適な室内にセンスの良いインテリアが設置されていて、貸切の天然温泉も楽しめます。


(出典:glamping-resort.jp

飲み物や食材の持ち込みOKなのも嬉しいポイント。また、地元食材が味わる食材付きプランなど、食事メニューも充実しています。

2.グランドーム伊勢賢島|三重県志摩市


(出典:glamping-iseshima.com

三重県志摩市、英虞湾からほど近いグランドーム伊勢賢島

こちらも、白いドームテントが敷地に建ち並んだすっきりと美しいグランピング施設です。


(出典:glamping-iseshima.com

地元食材を使ったBBQ付きのグランピングプランや、日帰りでも利用できるBBQプラン、選べるゲストルームなど多彩なプランから予算や人数に合わせて予約可能。

英虞湾でのマリンスポーツやアクティビティーも充実しています。

3.INN THE PARK|静岡県沼津市


(画像出典:innthepark.jp)

静岡県沼津市にある、INN THE PARK

30年間地元に愛されてきた林間学校施設がリノベーションされ、おしゃれなカフェが併設されたグランピング施設として使用されています。


(画像出典:innthepark.jp)

INN THE PARKの魅力は、何と言っても森の中に浮かび上がる幻想的な吊り球体テント。

地産の食事も魅力的です。

4.風の国グランピング|島根県江津市


(出典:kazeno-kuni.com

2019年9月にオープンした、島根県の風の国グランピング。

温泉リゾート施設にあるグランピングサイトなので、温泉でゆっくり温まって心も身体も癒されます。

幻想的に浮かぶ吊り球体テントとドームテントが森の中に配置してあって、自然を間近に感じられそう。


(出典:kazeno-kuni.com

和のテイストを取り入れたBBQの夕食と森の中でピクニック感覚で楽しめる朝食がついたプランです。

5.PICA Fujiyama|山梨県南都留郡富士河口湖町


(出典:pica-resort.jp

山梨県や静岡県を中心に、いくつものグランピング施設を運営しているPICAグループ。

中でも山梨県の富士河口湖町にあるPICA Fujiyamaでは、PICAオリジナルのアメージングドーム(ドーム型テント)に宿泊できます。

おしゃれなインテリアと美味しい食事に、アメニティーも充実していて、屋外では焚き火も楽しめます!


(出典:pica-resort.jp

6.フォレストドーム木曽駒高原|長野県木曽郡


(出典:nap-camp.com)

豊かな自然に囲まれた木曽駒高原に位置する、フォレストドーム木曽駒高原
リゾートホテルに併設されたグランピングサイトです。

晴れている日は星空を眺めることができる、天窓付きのドームテントに宿泊できます。


(出典:nap-camp.com)

季節によって、春〜秋前半は屋外でのBBQ、秋後半〜冬はホテル内レストランでの和会席の食事がそれぞれ楽しめ、トイレはホテル内、浴室もホテル内にあるため、気軽にグランピングを楽しむことができそうですね。

7.COMOREBI|大分県由布市


(出典:comorebi-camp.jp

温泉で有名な大分の湯布院地域にあるグランピング施設・COMOREBI

楕円形のオーバルテントと、半球型のドームテントの2タイプのドームテントがあり(その他ロータスベルテントなどもあり)、ボリューム満点のシカゴスタイルまたはフレンチコーススタイルのBBQの夕食が選べるプランです。


(出典:comorebi-camp.jp

さすが温泉地ならでは、美肌の湯を満喫でき、アメニティーも充実しています。

おしゃれな桐箱に入った朝食もぜひ味わってみてくださいね!

8.SANAMANE|香川県香川県香川郡直島町


(出典:sanamane.jp

芸術の島としても知られ、おしゃれな美術館やアート作品が点在している瀬戸内海の島・直島に2019年にオープンしたSANAMANE

個性的でスタイリッシュなグレーのドームテント(エフドーム)を採用しています。

グランピング用ドームテント・F.domes(Fドーム)の価格やオプション、体験できる施設紹介

個々のドームテントの中にシャワールームとトイレが内装されているので、共用の設備を使わなくても良いというのが大きなポイントです。


(出典:sanamane.jp

目の前に広がる瀬戸内海、空が真っ赤に染まるマジックアワーに遭遇できたら素敵ですね!

9.伊豆シャボテンヴィレッジ|静岡県伊東市


(出典:id-village.jp

2020年2月に静岡県の伊豆半島にオープンした伊豆シャボテンヴィレッジ

それぞれのドーム型テントに、バスルーム・トイレ・洗面所が備わったキャビンが併設されているので、共用の施設を使うことなく過ごすことができます。

テント泊タイプのグランピングで個々に浴槽があるというのは、小さな子供連れなどにも嬉しいポイントですね。

すぐ隣の伊豆シャボテン動物公園のチケットが割引で予約できる特典もあります。

10.仁尾サンセットピーク|香川県三豊市


(画像出典:kokiriko.jp)

香川県の南西部、瀬戸内海に面した三豊市仁尾町にある、1日2組限定のキャンプサイト、仁尾サンセットピーク。

ノースフェイスのオレンジ色のドームテントでの宿泊ができます。


(画像出典:kokiriko.jp)

シャワールームとは別に、薪で沸かす五右衛門風呂が設置してあり、美しい瀬戸内海を眺めながら利用することができるのも特徴的。

食事は食材を持参してBBQが楽しめ、ベッドではなくシュラフで眠るタイプの、よりキャンプに近いグランピング施設です。

11.UFUFU VILLAGE|静岡県伊豆市


(画像出典:ufufu-village.jp)

静岡県伊豆市のUFUUFU VILLAGE

コットンテント・キャンピングトレーラーに加えて、ドームテントが2020年から導入されました。

大きな窓から外が見える開放感もドームテントの特長のひとつですね。

ボリューム満点のBBQディナーはもちろん、朝食のフレンチトーストも絶品!と人気です。

温泉掛け流しの大浴場も無料で使えて、至れり尽くせりです。

12.シマブルー|群馬県吾妻郡中之条町


(出典:shimablue.jp)

温四万十川近く、良質の源泉で知られる四万温泉地域にあるシマブルー。

コテージ風のキャビンにはそれぞれ個別に温泉が引いてあり、お部屋に居ながら半露天のお風呂を満喫できる贅沢なグランピングスタイルです。


(出典:shimablue.jp)

スタイルの異なる7つのキャビンのうち、2つには中にドームテントが格納されているという遊び心溢れる作り。
子供の秘密基地みたいでワクワクしますね。


(出典:shimablue.jp)

屋根付きのウッドテラスでプライベートBBQを楽しめます!


以上、居心地の良さや季節や天候を選ばずに利用できることから人気のドームテントに宿泊できる12施設をご紹介しました。

一度は泊ってみたいドームテント、是非実際にグランピングを体験しに行ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です