【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】15・16話目 群馬県沼田市 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ

「ヒロシです」のシュールなネタで一世を風靡してから15年、芸能界から距離を置いた時期がありながらも、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にせず思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山林を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの芸人仲間と「焚火会」を結成、ヒロシさんを先頭に「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタートし、深夜に焚き火の炎で視聴者を癒してくれています。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第15話目「俺の暖かテントへようこそ」・第16話目「冬だね おでんだね」に登場するロケ地キャンプ場の料金プランや口コミを紹介をします!

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」15・16話目のロケ地は?

「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第15話目「俺の暖かテントへようこそ」・第16話目「冬だね おでんだね」でヒロシさんが向かったのは、群馬県

群馬県というと尾瀬国立公園や日光国立公園などに代表されるように自然が多く、清流や温泉でも知られる県ですよね。

前橋市からさらに北上し、山々に向かって進んだ先、群馬県沼田市が今回の目的地でした。

沼田市利根町|まるきゅう 高戸谷店

まずは恒例の食材調達、立ち寄ったのは沼田市利根町高戸谷にある「まるきゅう 高戸谷店」です。


(出典:bs.tbs.co.jp

衣料を販売している「まるみつ」と食料品を販売している「まるきゅう」が一緒に入っている建物で、ヒロシさんは「まるみつ」で指出し手袋を、「まるきゅう」でおでんの具やお惣菜を購入してましたね。

衣料品も食料品も、とっても良心的な価格でヒロシさんも驚いていました・・・!

衣料品「まるみつ」の方にも思わぬ掘り出し物がありそうでワクワクしますね。

まるきゅう 高戸谷店

 

〒378-0321 群馬県沼田市利根町高戸谷190

0278-56-2031

定休日:日曜

営業時間:9:00〜19:00

沼田市利根町|グリーンパーク吹割

まるきゅうから車で4分ほど、目的地のキャンプ場は「グリーンパーク吹割(ふきわれ)」です。


(出典:greenpark-fukiware.com

都心から車でおよそ2時間30分、群馬県の山間にあるキャンプ場で、清流・栗原川に沿って林間サイトが広がっています。

客足が減って一旦閉鎖となってしまっていたキャンプ場を新しいオーナーさんが整備し直して、2013年に新しく生まれ変わったグリーンパーク吹割。

区画サイト・フリーサイト・キャビン・キャンプトレーラーなど様々な宿泊形態があり、さらに「手ぶらキャンプ」プランも展開していて、ファミリー層からソロキャンパーまで人気の施設となっています。


(出典:nap-camp.com

ソロキャンプで利用するなら、やっぱり林間のフリーサイトがオススメ。


(出典:nap-camp.com

車で乗り入れられるオートサイトなので、荷物の運搬の心配もありません。

家族で利用するなら、川遊びが楽しめる川沿いの区画サイトがイチオシです。


(出典:nap-camp.com

ロケ中も人懐っこくテントに入って寝ていた看板猫ちゃんもしっかりお出迎えしてくれます☆


(出典:nap-camp.com

オプションでピザ焼き体験も開催されているので、家族や仲間とオリジナルピザ作ってみるのも良いですね。


(出典:greenpark-fukiware.com

キャンプサイトの利用料金や定員数は以下のようになっています。

サイトタイプ 定員 利用料金(1泊)
Riverside AC区画サイト 6名 ¥6,500〜
区画サイト(AC電源付) 6名 ¥4,500〜
区画サイト(AC電源なし) 6名 ¥3,500〜
ワイド区画サイト(AC電源なし) ¥6,500〜
フリーサイト 6名 ¥2,900〜
フリーサイト(自転車・バイク) 1名 ¥1,500〜

(※プランや価格は変更になる場合があります。予約時に確認してみてください。)

上記料金に、別途宿泊日数分の入場料:大人¥400 / 名・子供(3歳〜小学生)¥200 / 名と、ゴミ処理料¥100が加算されます。

キャンプサイト利用プラン以外にも、キャビンやキャンプトレーラーでの宿泊や、テントやBBQ機材などがセットになった「手ぶらキャンププラン」、日帰りBBQプラン(冬季はなし)などいろいろなプランがあるので、HPをチェックしてみてくださいね。

グリーンパーク吹割

 

〒378-0304 群馬県沼田市利根町大楊1098

0278-56-3215

営業時期:通年(冬季メンテナンス休業あり)

チェックイン 13時〜 / チェックアウト 〜11時

 

広告
fdomesのバナー画像

グリーンパーク吹割の評価・口コミ

実際にグリーンパーク吹割を利用した方の声を、Googleレビューから抜粋しました。

グリーンパーク吹割の評価
1週間前に利用しましたが、また直ぐに利用させて頂きました!
本当に利用しやすく、スタッフさんが親切なのでまた来たくなります。
(5.0)
初めての雪上キャンプでしたが凄く楽しかったです!
夏とは違う雰囲気がとても良かったです。
炊事場・トイレなどとても充実していました。
トイレ内も暖房が効いていたり、炊事場もお湯が出て冬でも暖かく食器洗いができました。
(5.0)
大変満足しました。
また絶対行くと決めています!
(5.0)
このキャンプ場に出会えて良かったです。
ソロ、カップル、ファミリー、どの季節でも安心して楽しめそう。
(5.0)
とにかく川が綺麗で子供と川遊びが楽しい。
基本的に流れは緩く浅いが、深く掘ってあって飛び込めるポイントもあり楽しめます。
近くに温泉もいくつかあり、お風呂にも困りません。
(5.0)

「また行きたい!」「リピートしてます!」という声がとても多く、スタッフさんの対応、温水便座や温水の出る炊事場などの設備、清掃や安全面での管理など全体的にとても良い評価の多い施設です。

それもそのはず、グリーンパーク吹割、日本最大のキャンプ場予約サイト「なっぷ」で2017年・2018年と2年連続で「東日本口コミ投稿部門1位」を獲得しているんですね。

一度は閉鎖となってしまったキャンプ場が生まれ変わり、今では多くの人から愛されるキャンプ場になっているというのは本当に素敵なことだと思います!


以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第15話目「俺の暖かテントへようこそ」・第16話目「冬だね おでんだね」に登場するロケ地キャンプ場の料金プランや口コミをご紹介しました。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です