Go To イートの予約サイトポイントと食事券(クーポン)は併用できる?Go To トラベルの地域共通クーポンでも支払えるかも調査

コロナ感染拡大により、大きなダメージを受けた観光業や飲食業を活性化するために政府が始めたGo To キャンペーン。

2020年7月からはGo To トラベルキャンペーンが、10月からはGo To Eatキャンペーンが始まりました。

いずれも「普段よりお得」が特徴のこれらのキャンペーンですが、実際にどのように使えるのか、併用は可能なの?と疑問に思う人も多い様子。

というわけで、今回は

  • Go To Eatのネット予約ポイントと、食事券(クーポン)は併用できるのか?
  • Go To Eatでネット予約した飲食店の支払いをGo To トラベルの地域共通クーポンで支払えるのか?

の2点について、まとめました。

Go To トラベルキャンペーン・Go To Eatキャンペーンについての概要などはこちらから↓

GO TO トラベルキャンペーンとはどういうものか?概要まとめ Go To Eatキャンペーンはいつからいつまで?利用方法や注意点まとめ|お得に外食の試算付き|最新

Go To Eat キャンペーンとは

Go To Eatキャンペーンは農林水産省管轄の事業キャンペーンで、外食を普段よりお得にできるよう補助を行い、外食を利用する人を増やそう、というものです。

その「お得に外食ができる」の方法は大きく分けてふたつあります。

  1. 25%お得なプレミアム付き食事券
  2. 予約サイトでのポイント付与(¥500・¥1,000相当)

このうち、1のプレミアム食事券についてはそれぞれの都道府県が独自のスタイルで販売をしていて、申し込み期間や販売金額、購入方法などバラバラです。

基本的には、¥10,000相当の食事券(クーポン)を¥8,000で販売、という感じで金額に対して25%お得になります。

以下の記事内で、都道府県別の購入方法などをまとめていますのでご参照ください↓

Go To Eatキャンペーンのプレミアム食事券|全都道府県別の申込開始日・販売期間と申込・購入方法まとめ

また、予約サイトでのポイント制については、ホットペッパーグルメなどの予約サイトであらかじめ日時や来店人数を登録し、予約をした上、実際に来店して飲食をすると、ランチで¥500、ディナーで¥1,000のポイントが付与されるというもの。

初回は普通にお支払いをする代わり、2回目以降同じ予約サイトから別の飲食店を予約しても、その会計時にポイントが使え、さらにまたポイントがもらえるのでキャンペーン中は常に利用できます。

ディナーで1名につき¥1,000のポイントバック、ということで、例えば3名で¥5,000の食事をする場合、2回目以降常に¥3,000分ポイントで支払えるということで、かなりお得になりますね。

広告
fdomesのバナー画像

Go To Eat キャンペーンでポイントと食事券(クーポン)は併用できる?


(出典:premium-gift.jp

せっかくキャンペーンをやっているからGo To Eatを利用してみよう、と予約サイトからレストランを予約するとして、その支払いにGo To Eatキャンペーンの食事券(クーポン)も使えたら、さらにお得ですよね。

例えば、4人で予約サイトで予約をした上でディナータイムに¥20,000の食事をしたとします。

お会計:¥20,000

次回以降使えるポイント:¥4,000

会計時に¥20,000相当の食事券で支払い:実際には¥16,000で購入(¥4,000お得)

ということで、実質¥8,000のお得(=40%お得)ということになります。

そんなこと本当に可能なの?と思いますが、実際、Go To Eatキャンペーンについて、ネット予約と食事券の併用については、制限されていません

つまり、予約サイトで予約してポイントをもらい、そのポイントに併用して食事券での支払いも可能、ということです。

ただ、自治体によって食事券(クーポン)の使い方への制限がある場合もあるので、その食事券(クーポン)を発行している自治体のHPなどで確認してみましょう。

また、支払い方法について各飲食店によって制限を設けている場合もあるので、予約時などに「支払いはGo To Eatの食事券でも良いですか?」と一言聞いておくと安心ですね。

Go To Eat キャンペーンで予約したお店の支払いにGo To トラベルクーポンは使える?


(出典:ambix.co.jp

Go To トラベルキャンペーンでは、旅行代金の15%にあたる金額を、地域共通クーポンとして還付してくれます。

Go To トラベルキャンペーンの地域共通クーポンはいつからいつまで?取得方法や使い方に注意点まとめ|最新

Go To トラベルを最大限にお得に利用するには、このクーポンをきっちり使い切ることがポイントになるので、あらかじめどういう目的に使用するか、どこで使えるのか、を調べておくのが大事。

では、Go To Eatキャンペーンを利用するため、予約サイトで予約をしたお店での支払いに、Go To トラベルのクーポンは使えるのでしょうか?

Go To トラベルの地域共通クーポンで支払える場合

Go To トラベルキャンペーンとGo To Eatキャンペーンについては、併用することは可能です。

ただし、その飲食店がどちらのキャンペーンにも参加していることが条件になります。

Go To トラベルのサイトに、地域共通クーポンが使える店舗を検索できる機能があります。

Go To トラベル地域共通クーポン取り扱い店舗マップ

このマップにマークで表示されている飲食店では、Go To トラベルの地域共通クーポンでの支払いが可能です。

左側のチェックボックスで、飲食店以外のチェックを外すと、飲食店のみが表示されます。

行きたいお店をクリックすると、そのお店の情報と、紙媒体のクーポンと電子クーポンのどちらで支払えるかが表示されます。

次に、その飲食店の名前をネットで検索し、ホットペッパーグルメや食べログなどの予約サイト(Go To イート対象のサイト)が表示されれば、その飲食店をネット予約してポイントをもらいつつ、支払いは地域共通クーポンで支払うことができます。

なので、旅行先で外食をする際にも、Go To Eatとうまく組み合わせて地域共通クーポンで支払うことができる、というわけですね。

Go To トラベルの地域共通クーポンで支払えない場合

その飲食店がネット予約サイトに登録していてGo To Eatの対象店舗だったとしても、Go To トラベルキャンペーンに加盟していなければ、Go Toトラベルでもらえる地域共通クーポンで支払うことはできません。

東京などの都市部や、各都道府県の県庁所在地などある程度賑わっているところの飲食店は、Go To トラベルにも参加しているところも多いですが、それ以外の場所だとGo To Eatには登録しているけど、トラベルの方には登録していない、というところも多いです。

なので、あらかじめGo To トラベル地域共通クーポン取り扱い店舗マップを参照し、自分が旅行する先のどの店舗でクーポンが使えるのか、チェックしておくと良いですね。

もちろん飲食以外にもレンタカーやコンビニ、家電量販店などお土産屋さん以外にも使えるところはたくさんあるので、せっかくのクーポンを無駄にしないように使ってみてください!


以上、

  • Go To Eatのネット予約ポイントと、食事券(クーポン)は併用できるのか?
  • Go To Eatでネット予約した飲食店の支払いをGo To トラベルの地域共通クーポンで支払えるのか?

の2点について、まとめました。

色々と不明点も多いGo To キャンペーンの使い方ですが、しっかり理解してうまく使っていきたいですね。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です