動物好き必見!マザー牧場グランピング The Farmの料金プランや食事・限定アクティビティまとめ

手軽に快適なアウトドア体験ができることで人気のグランピング。

グランピングとは?本当の意味や名前の由来|キャンプとの違いを徹底解説

日本各地に、その土地の利や自然を活かし、趣向を凝らしたグランピング施設が続々とオープンしています。

特に、新型コロナウィルスの感染防止対策として、アウトドアに注目が集まったこともあり、「他の人と接することなく完結できるアウトドア泊を快適に行える施設」としてグランピング施設の需要は高まる一方。

アウトドアには興味があるけど、キャンプはしたことないし、何より準備が大変そうだし疲れそう!という家族連れやグループにもアウトドアの新しい形態としてかなり親しまれるようになりました。

今回ご紹介するのは、2021年6月15日にオープンしたマザー牧場グランピング The Farm

1962年創業で、誰しも名前は聞いたことのある老舗牧場・マザー牧場で新しくオープンしたグランピングエリア!ということでこれは動物が好きな人や小さな子供連れに朗報ですよね。

というわけで、今回は動物との触れ合いや開放的な牧場の風景を満喫できるマザー牧場グランピング The Farmの料金プラン、アクセス、食事メニュー、宿泊者限定のアクティビティ内容などをまとめました!

マザー牧場グランピング The Farmってどこにある?

マザー牧場、その名前は聞いたことがある人も多いと思いますが、場所はどこにあるかというと、千葉県富津市です。

関東圏に住んでいる人は、子供時代やデートなどできっといろんな思い出を作った場所ではないでしょうか。

千葉県と言っても、東京湾アクアラインを渡ってすぐの場所にあるため、東京や神奈川から車で1時間ほどで到着できるということで、都会からのどかな牧場風景を求めて訪れる人も多い人気スポットです。

神奈川・東京から車で1時間ということは、関東圏はもちろん東海・甲信越からのアクセスも良いということで、甲府市やさいたま市から2時間、静岡市から3時間ほどで到着できる距離。

羽田空港からも1時間弱ということで、牧場グランピングを楽しみに全国からも泊まりで訪れることができますね。

ちなみに、千葉・東京・神奈川方面から高速からのアクセスの場合、ETC専用の「君津PAスマートIC」からが最もアクセスが良いそうなので、ETCカードの挿入をお忘れなく。
ECT以外の場合は、その少し手前の「君津IC」が最寄りICになります。

公共交通機関で向かう場合は、JR内房線の君津駅からマザー牧場行きのバスが運行していて、終点のバス停から徒歩3分です。

*施設情報*

  • 公式HPマザー牧場グランピング The Farm
  • 住所:〒299-1731 千葉県富津市田倉940-3
  • Tel:0439-37-3211
  • 営業時期:通年
  • 滞在タイプ:コットンテント・コテージ
  • 食事:2食付き
  • 予算:¥13,500~ / 名
  • 定員:4/5名(テントによる)
  • 持ち込み:要問合せ
  • 子供連れ:OK
  • 駐車場:あり
  • ペット:要問合せ
  • アクセス
    東京・神奈川から車で1時間
    さいたま市・甲府市から車で2時間
    JR内房線君津駅からバスで40分

    ※プランや料金は時期等により変動する場合があります。公式HPなどでご確認ください。

広告
fdomesのバナー画像

マザー牧場グランピング The Farmのグランピング


(出典:motherfarm.co.jp

マザー牧場グランピング The Farmでは、9種類のコットンテントサイトと、コテージが1棟の全10種類のゲストルームから選んで宿泊することができます。

それぞれのサイトの特徴と利用料金を簡単にご紹介します☆

利用金額は、1泊2食付きで1名あたりの金額で、時期や曜日によって異なりますので、予約時に確認してみてください。

宿泊料金には、マザー牧場の入場料・駐車料金(チェックイン、チェックアウト日の2日間)も含まれています
入場券は大人1日¥1,500、子供¥800、さらに駐車料金も通常¥1,000かかることを考えると、かなりお得感がありますね〜!

ファームテラス|定員4名|¥13,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

マザー牧場グランピング The Farmの中で最もリーズナブルに利用できるのが、ファームテラス

低めのウッドデッキ上にコットンテントが張ってあり、ウッドデッキ上に屋根付きのBBQスペースが設けてあります。

シャワー・トイレ棟からも一番近いので、小さな子供連れにもオススメです。

フォレストテラス|定員4名|¥14,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

森に囲まれたサイトにたたずむ、フォレストテラス

道から少し離れた自然をより感じられる場所で、ゆったりと過ごすことができます。

ハンモックテラス|定員4名|¥14,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

木々の間にあるサイトで、樹と樹の間に張られたハンモックが特徴のハンモックテラス

気持ちの良いハンモックにゆらゆらゆられて、リラックスタイムを過ごせそうですね。

1つしかないサイトなので、ご予約はお早めに。

パノラマテラス|定員4名|¥15,000〜


(出典:motherfarm.co.jp

丘の上に作られたサイトで、南房総の山並みが一望できる見晴らしが魅力のパノラマテラス

開放的な景色を眺めながらのBBQが楽しめます。

ヴィラテラス|定員4名|¥17,000〜


(出典:motherfarm.co.jp

2階建てのウッドデッキを組み合わせて、アウトドアリビングとダイニングスペースが広々と使えるヴィラテラス

2階でのBBQは高さがあって開放的、ワクワクしますよね。

ファミリースイートテラス|定員5名|¥16,000〜


(出典:motherfarm.co.jp

ひとまわり大きなサイズのコットンテントで広々と過ごせるファミリースウィートテラス

定員も5名と他のテントより多め、駐車場やシャワー・トイレ棟からも近いので、家族連れやグループにおすすめです。

グランテラス|定員4名|¥20,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

森の中にたたずみ、プライベート感が味わえるグランテラス

ファミリースイートテラスと同様、大きめサイズのテントでゆったりと過ごせます。

ミニバー付きで、専用のスウェーデントーチで焚き火も楽しめる、大人の雰囲気のサイトです。

スカイグランテラス|定員4名|¥21,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

高台の縁に位置し、空に突き出ているような感覚を味わえるスカイグランテラス

牧場グランピングを象徴する棟で、格別の眺望が満喫できます。

こちらもミニバー付き。

ニュージーランドコテージ|定員5名|¥20,500〜


(出典:motherfarm.co.jp

マザー牧場グランピング唯一の、テントではないゲストルーム・ニュージーランドコテージ

ひつじ大国・ニュージーランドから直接取り寄せた材木で造られたコテージで、2LDKの間取り、洋室と和室の寝室それぞれひとつあります。

コテージ内にミニキッチン・お風呂・トイレ・エアコンが完備されているので、テント泊にこだわらず快適・便利に過ごしたい!という方におすすめです。

ウッドデッキにはテントサウナもあり、アウトドアもしっかりと味わえるようになっています。

ミニバー付きで、2棟のうち1棟は駐車場・クラブハウスからも最も近い場所にあるので、小さな子供連れやお年寄りでも安心ですね。

マザー牧場グランピング The Farmの食事プラン

マザー牧場グランピング The farmは、宿泊は夕食と朝食の2食付きのプランになっています。

グランピングというと、手ぶらでできる美味しいBBQが楽しみ!という方も多いですよね。普段BBQをしない家族でも、道具や食材が揃っているから体験できるBBQはグランピングの醍醐味でもあります。

マザー牧場グランピング The farmでは、牧場ならではの美味しい牛乳や、自家製ソーセージなどを使ったBBQが味わえます☆

夕食|BBQ


(出典:motherfarm.co.jp

夕食のBBQ食材は、大人(中学生以上)、子供(小学生)、未就学児(4歳〜)と3タイプ用意してあります。

大人向けのBBQ食材ばかりだと、子供が食べるものが少ない・・・という心配もなく、全世代で楽しめるようにという気配りが感じられますね。

【大人(中学生以上)のBBQ食材例(2名分)】

  • 1ポンド牛ロースステーキ(450g)
  • マザー牧場手造りソーセージ(100g)
  • ポークスペアリブ(300g)
  • 新鮮野菜のジャーサラダ
  • 7種の焼野菜
  • 特製ミルクスープ(マザー牧場牛乳使用)
  • バケット
  • スモア

【子供(小学生)のBBQ食材例(1名分)】

  • チキンステーキ(120g)
  • マザー牧場手造りソーセージ(45g)
  • 新鮮野菜のジャーサラダ
  • 7種の焼野菜
  • 特製ミルクスープ(マザー牧場牛乳使用)
  • 飲むヨーグルト(150ml)
  • バケット
  • スモア

【未就学児(4歳〜)のBBQ食材例(1名分)】

  • ミニハンバーグ(60g)
  • マザー牧場手造りソーセージ(45g)
  • 新鮮野菜のジャーサラダ
  • 特製ミルクスープ(マザー牧場牛乳使用)
  • 飲むヨーグルト(150ml)
  • ロールパン
  • スモア

セットになっているBBQメニュー以外にも、単品でチーズ盛り合わせやラムチョップ、アヒージョなどの食事や、ビール・ワイン・地元の日本酒など多様なアルコール / ノンアルコールメニューもクラブハウスに電話で注文できます。

オプション食材をあらかじめ決めておかなくても、その時の気分やお腹の具合ですぐに注文できるというのは手軽で良いですね!

朝食|モーニングボックス


(出典:motherfarm.co.jp

牧場で迎える朝の朝食は、モーニングピクニック

クラブハウスでモーニングボックスを受け取って、牧場の好きなところで頂けます。

朝の清々しい空気と、牧草や芝生の香りを感じながらの朝食、素敵な1日の始まりですね。

【モーニングボックスの内容例】

  • サンドイッチ(マザー牧場手造りボローニャソーセージ・クリーミーたまごサンド)
  • サラダ
  • 旬のカットフルーツ
  • スープ
  • マザー牧場牛乳(ビン)

朝食に加えて、さらに嬉しいのがホットドックサービス。

マザー牧場グランピング The Farmの宿泊者限定アクティビティ

マザー牧場は、牧場だけでなくアトラクションのある遊園地やアスレッチックアドベンチャー、果物狩り体験など、1日では足りないほどの様々な体験があることでも人気ですよね。

マザー牧場グランピング The farmでさらに嬉しいのは、宿泊者限定のアクティビティが用意されていること。

宿泊料に入場券2日分と駐車料金が含まれているだけでもかなりお得感がありますが、さらに「泊まった人だけが楽しめることがある」っていうのは、魅力的ですよね。

宿泊者限定アクティビティをご紹介します☆

モ~ニング手しぼり体験|無料


(出典:motherfarm.co.jp

マザー牧場で大人気のイベント「牛のお乳の手しぼり体験」、宿泊者限定で、朝の7時45分〜8時に無料で開催されます。

参加は無料、希望者は7時45分までに会場となる「うしの牧場」へGO!

アルパカのお散歩|無料


(出典:motherfarm.co.jp

朝8時〜9時の間に、各テントサイトにお散歩に来てくれるアルパカさん。

可愛いアルパカさんと触れ合ったり、写真を撮ったり・・・、朝から癒されます!

※雨天中止

バター作り体験|無料


(出典:motherfarm.co.jp

17:00~17:15に、「食の体験工房」で開催されるのが、バター作り体験。

参加は無料、搾りたての新鮮で美味しい牛乳から自分で作ったバターを、夕食のBBQでバゲットやお肉につけて頂けます。

テントサウナ(事前予約制)|¥5,000(4名まで)


(出典:motherfarm.co.jp

クラブハウス前に設置してあるテントサウナ、熱い石に水をかけるロウリュウも楽しめます。

宿泊当日〜20時までの受付で予約制、1日に4回(①14:30~ ②16:30~ ③18:30~ ④20:30~)から選べます。

最大定員4名までで、料金は¥5,000、利用時間は各回1時間。

テントサウナを利用する場合には、水着の持参も忘れずに☆

マザーファームツアーDX事前予約


(出典:motherfarm.co.jp

マザー牧場の人気アクティビティ・マザーファームツアーDX

マザーファームツアーの参加者しか入れないエリアを、トラクタートレインに乗ってガイドさんの話を聞きながらのんびり回るツアーで、全長2.4kmもあります。

珍しい動物を見られたり、東京湾から富士山を望む絶景ポイントを通ったりと見どころ満載で、途中下車もOKという人気のツアー、当日申し込みだとなかなか思った時間に予約が取れないところ、宿泊の場合には翌日体験分を事前に予約できちゃいます(予約受付クラブハウスで17時まで)。

しかも、通常大人¥1,600、子供¥900のところ、宿泊割引で大人¥1,400、子供¥800とお得な価格で参加できます!


以上、マザー牧場グランピング The Farmの料金プラン、アクセス、食事メニュー、宿泊者限定のアクティビティ内容などをまとめました。

参考にして頂けたら幸いです☆

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です