【ヒロシのぼっちキャンプ Season2】19/20話目 埼玉県嵐山渓谷 ロケ地キャンプ場はどこ?アクセスや利用料金・口コミまとめ

「ヒロシです」のシュールなネタで一世を風靡してから15年、今や「カリスマソロキャンパー」として多くのテレビ番組に出演しているヒロシさん

ヒロシのプロフィールとキャンプを始めたきっかけやキャンプ道具(ナイフ・ケトルなど)や車紹介

2019年には、人の目を気にせず思う存分自由にソロキャンプを楽しみたい!という理由から、山を購入したことでも話題になりました。

ヒロシが購入した山林の場所と値段|実際に山を買う方法や予算に注意点とは?

2015年ごろから同じソロキャンプ好きの芸人仲間と「焚火会」を結成、ヒロシさんを先頭に「キャンプ芸人」「アウトドア芸人」という新しいジャンルが確立され、コロナ禍でアウトドアがさらに脚光を浴びていることもあって大ブレークを果たしています。

焚火会とは?キャンプ好き芸人メンバープロフィールや活動に人気のステッカーまとめ

2018年にはBS-TBSで看板番組「ヒロシのぼっちキャンプ」が放送され、普段Youtubeを見ない視聴者にもソロキャンプの魅力を伝えたヒロシさん。

その「ヒロシのぼっちキャンプ」のSeason2が2020年10月6日からスタートし、深夜に焚き火の炎で視聴者を癒してくれています。

というわけで、今回は「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第19話「俺のはじめてに祝福を」・第20話「ヒロシの山小屋キャンプ」に登場するロケ地キャンプ場の料金プランや口コミを紹介します!

「ヒロシのぼっちキャンプSeason2」19・20話のロケ地は?

ヒロシのぼっちキャンプ Season2の19話目でヒロシさんが向かったのは、埼玉県比企郡(ひきぐん)嵐山町(らんざんまち)

さいたま市から北上し、秩父・群馬方面へと向かう途中にある町で、東京都心からは車で1時間30分ほどの距離です。

まずは恒例の食材調達に向かったヒロシさん。いつものように、地域に根付いたタイプの小規模スーパーへ立ち寄りました。

比企郡嵐山町|スーパーあさひや


(出典:bs.tbs.co.jp

ヒロシさんが立ち寄ったのは、スーパーあさひや

看板では「あさひ屋」と感じになっていますが、Googleマップでは平仮名表記になっています。

新鮮な野菜やお肉・野菜を始め、定評があるのがお惣菜。

特にヒロシさんも足をとめた「揚げ物コーナー」が人気で、口コミでも高い評価を受けています。

ヒロシさんがお昼ご飯の赤いきつねにトッピングするために買っていた「揚げ玉(¥20)」も美味しそうでしたね〜!

スーパーあさひや

〒355-0225 埼玉県比企郡嵐山町鎌形1285

0493-62-5931

定休日:水曜日

営業時間:9:00〜19:00

比企郡嵐山町|月川荘キャンプ場

食材を購入した「スーパーあさひや」から車でさらに5分ほど進んだ先にあるキャンプ場「月川荘キャンプ場」が今回の目的地。

ヒロシさんがソロキャンプを始めたばかりの頃に、2回ほど訪れたことがあるというキャンプ場で、嵐山渓谷を流れる槻川(つきかわ)に沿ってサイトが広がっています。


(出典:nap-camp.com

ヒロシさん曰く、「ソロキャンプでいい感じの場所は1箇所だけある」とのことで、川を渡った先にあるフリーサイトを狙っていたのですが、ロケ当日はそのサイトの向かい側に既に何組ものキャンパーがテントを張っていたので断念することになりました。

月川荘キャンプ場には、フリーサイト、15台分のオートサイトに加え、20棟のバンガローがあり、人数やタイプによって使い分けることができます。

キャンプ場の利用料金は下のようになっています。

入場料 小学生以上 ¥300
小学生未満 無料
駐車料金 普通車 ¥700
大型(マイクロバスから) ¥2500
バイク ¥400
自転車 ¥300
テント泊料金 6歳以上 ¥880
3歳〜5歳 ¥400
バンガロー料金 ¥6,825〜¥52,500(広さ・AC電源の有無による)

河原では直火もOK、またキャンプサイト・バンガロー共にペットの犬も一緒に利用できます(バンガローは要ケージ)。

キャンプ場内にシャワールームは設置されていませんが、車で10分ほどの場所に「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」があります。


(出典:tamagawa-onsen.com

今回のロケでは、お目当てのサイトに先客があったため、急遽バンガローに宿泊することになったヒロシさん。


(出典:bs.tbs.co.jp

バンガローなんて初めてだ・・・と言いつつも、自分のギアを部屋に飾ったりして「バンガローにはバンガローの良さがあるね」と語ってましたね。

ちなみにヒロシさんが宿泊したのは、「かえで」というバンガロー。AC電源付き、4.5畳で1泊 ¥13,650のお部屋

一人で利用するとキャンプに比べてかなり割高なイメージですが、最大定員の5名で利用すればひとりあたり¥2,730。天気を気にせず利用できるというのはバンガローの利点ですね。


(出典:bs.tbs.co.jp

「かえで」タイプのバンガローは全部で4棟あり、そのほか大きなものでは20名まで利用できる18畳のバンガローもあります。

施設内では孔雀とヤギが飼われていて、渓谷をお散歩するヤギの姿にも癒されます☆

月川荘キャンプ場

〒355-0225 埼玉県比企郡嵐山町鎌形2604

0493-62-2250

営業時期:通年

チェックイン 10時〜 / チェックアウト 〜10時

広告
fdomesのバナー画像

月川荘キャンプ場の評価・口コミ

実際に月川荘キャンプ場を利用した方の声を、Googleレビューや予約サイトから抜粋しました。

月川荘キャンプ場の評価
間違いなくまた絶対に来ると思います!
(4.0)
高規格希望で来られる方には向かないけど、都心に近く、自然豊かなキャンプ場!
このキャンプ場に来る方々はそこまで求めていない感じがいたしますが、おトイレは昔ながらのおトイレとぼっとんになっております。
(4.0)
森の中に佇むひっそりとした環境。
すぐそばに川が流れていて、虫の音が聞こえる、自然が豊かな場所。
ソロキャンプにはオススメ。
(4.0)
林間のオートサイトを利用しましたが、適度な日陰があり、近くを流れている川がいい雰囲氣だった。
不便が楽しいキャンプ場。
(4.0)

都心から近く、自然あふれるキャンプ場ということで、キャンプやデイキャンで訪れる人も多いようです。
キャンプブームもあり、土日祝や夏休みなどはかなり混み合う模様。ゆっくりしたい方は平日を狙うとよさそうです。

キャンプ場の管理・清掃などはしっかりと行われていますが、昔ながらのキャンプ場という感じなので、オーソドックスなキャンプ(ある程度の不便も含めてアウトドアを楽しむ)が楽しめる方にはオススメ。


以上、「ヒロシのぼっちキャンプ」Season2の第19話「俺のはじめてに祝福を」・第20話「ヒロシの山小屋キャンプ」に登場するロケ地「月川荘キャンプ場」の料金プランや口コミを紹介しました。

参考にしていただけたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です