Go To トラベルキャンペーンの申請方法|期間はいつからいつまで?必要書類や提出場所も調査

【追記8/17】

Go Toトラベルキャンペーンの事後還付の申請について新しくまとめましたので、こちらもご覧ください ↓
Go To トラベルキャンペーンの申請方法|事後還付申請の必要書類、送付先、期限の最新まとめ

新型コロナウィルス感染予防のため緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出を控える自粛期間の間に経済は大きな打撃を受けました。

このままでは経済が停滞し、経営が行きゆかなくなってしまう企業が増えてしまう・・・という懸念から、経済を少しでも活性化させて盛り立てようと政府が打ち立てたのが、Go To キャンペーン

Go To キャンペーンには、4つのカテゴリーが用意されていて、旅行のみならず、飲食やイベント参加などに補助金が出る内容となっています。

  • Go To Travel キャンペーン:旅行代金の50%(35%割引&15%クーポン)を補助(上限は宿泊で1人1泊¥20,000相当、日帰り¥10,000相当
  • Go To Eat キャンペーン:オンライン予約で飲食した場合に最大1人¥1,000の補助、お得なクーポン発行
  • Go To Event キャンペーン:チケット会社経由でイベント・エンターテイメントの券を購入した人に2割相当の割引またはクーポン配布
  • Go To 商店街 キャンペーン:商店街等によるイベントの開催やプロモーション、 観光商品開発等の実施

今回、予定よりも早く7/22から開始となったのが、Go To Travel キャンペーン
(※コロナ感染拡大の影響から、東京都発着の旅行、東京都居住者の旅行には適用されません)

→追記9/28:東京発着の旅行、東京都居住者の旅行についても10/1より適用となります!

追記7/20:Go To Travelキャンペーンについて、事業者(ホテル・旅館など)は登録制とする、という発表がありました。キャンペーンに登録していない宿泊施設に宿泊しても、キャンペーン対象となりませんのでご注意ください。

下のリンクから、Go  To トラベルに参加している旅行会社・予約サイト、宿泊施設が検索できます。

 

このキャンペーンは「普段の半額で旅行を楽しもう」というコンセプトで、旅行代金の35%の割引と、15%の地域活性化クーポン(地域共通商品券)の配布で実質50%の補助がされる、というものです。

日本国内旅行であれば近場でも適応されるという事で、申請をすればお得になる場合も多そうです。

というわけで、今回はGo To Travel キャンペーンの補助金申請方法や期間、必要書類についてまとめました。

観光庁が公表している「Go To トラベル事業関連 よくある質問(FAQ)」の旅行者からの質問まとめはこちら↓
Go To トラベルキャンペーン 旅行者のよくある質問(FAQ)まとめと補足|申請方法や条件・クーポンなど

Go To Travel キャンペーンの申請方法と必要書類

Go To Travelキャンペーンは7/22から開始することになっていますが、それ以前に予約してあったホテル代なども、利用自体が期間内であれば後から申請することが可能です。

ただし、実質50%の割引の内訳は35%の料金割引(還付)と、15%の地域共通商品券となっていますが、15%の地域共通商品券は「旅行先の県またはその近隣県で旅行の期間のみ使用できる」という制限があるため、9/1の実施開始までは適応されません。

Go To トラベルキャンペーンの地域共通クーポンの有効期限や使える場所・用途や注意点まとめ

とりあえず7/22〜9/1の間の旅行については、35%の割引、ということになります。

既に予約済みの旅行について、Go To Travel キャンペーンを申請するには、以下の書類を郵送またはオンラインで事務局に提出します。(当面の間は郵送のみ)

  1. 事後還付申請書(様式第1号)
    ダウンロード(Excelはこちら)(PDFはこちら)
  2. 支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収書、支払内訳書等 ※コピー可)
    ダウンロード(Excelはこちら)(PDFはこちら)
  3. 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの)
    ダウンロード(Excelはこちら)(PDFはこちら)
  4. 口座確認書(旅行者用)(様式第2号)
    ダウンロード(Excelはこちら)(PDFはこちら)
  5. 口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
  6. 代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
  7. 同行者居住地証明書(様式第21号)
    ダウンロード(Excelはこちら)(PDFはこちら)

※)1〜6は同一名であることが必要、ただし2に関しては法人の場合、旅行者がその会社に属している証明(社員証など)でOK
※)4は旅行者本人名義の口座であることが必要
※)2と3は、宿泊施設に発行を依頼
※)3は、氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されていれば、各宿泊施設が発行する任意の様式のものでOK
※)2は、旅行業者を通じて事前に決済を行なっている場合には、現地での領収書の発行はできません
※)2は、現地で追加で支払った料金や諸税については還付の対象外となるので、 含まれている場合はそれらが明示されていることが必要

(参照:Go To トラベル事業 事後還付手続きのご案内

7/31追記:Go To トラベル事業部がついにできました!

書類の送付先は:
〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階
Go To トラベル事務局 還付申請係 宛

送料は自己負担となっています。

また、メンテナンスなどで止まっていることも多いですが、オンラインでの申請もできます。

オンライン申請ページ

流れとしては、事務局で提出された書類を審査し、現金還付(口座振込・カード振込など)となります。

予約サイトなどで旅行を予約した場合には、予約確認メールなどが領収書となるかと思いますし、一般的に宿泊先でも支払い時に貰えると思いますが、宿泊証明書というのはあまり馴染みがないですよね。

宿泊証明書には氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されていることが条件のため、それらの項目が記載されている宿泊証明書を宿泊先で依頼してもらう必要があります。

宿で直接もらわなくてはならないものなので、貰い忘れないようにしましょう!

ちなみに、Go To Travel キャンペーンの適用には以下のような条件があります。

  • 宿泊代金:予約サイトや旅行代理店での予約でも、宿で直接予約でも対象
  • 交通費:予約サイトや旅行代理店などで交通+宿泊がセットになったプランなら合計で対象(マイカー往復や個人手配の交通費は対象外
  • 日帰り:個人で交通機関や車で移動、レジャーを楽しんだ場合は対象外「高速バスで日帰りイチゴ狩り」など、移動とレジャーがセットになったプランを予約サイトや旅行代理店で予約していれば対象

7/27以降は、旅行予約サイトの方でもキャンペーンの割引後の価格でのプラン紹介や、交通費も割引対象となるパックプランなどを用意していくようなので、チェックしてみると良いですね。

キャンペーンの還付手続きを個人でしなくても、予約サイトや代理店を利用すれば自動的に割引+クーポン配布という流れになっていきそうです。

追記7/20:Go To Travelキャンペーンについて、事業者(ホテル・旅館など)は登録制とする、という発表がありました。キャンペーンに登録していない宿泊施設に宿泊しても、キャンペーン対象となりませんのでご注意ください。

個人的には、他県など遠くへ移動をしなくても、「路線バスで行く日帰り温泉旅」みたいなのを地域ごとに販売してくれると嬉しいですね。

Go To トラベルキャンペーンでお金がいくら戻るか3つの事例で検証してみた|宿泊と日帰り例
広告
fdomesのバナー画像

Go To Travel キャンペーンの還付申請期間

Go To Travel キャンペーンは、2020年7月22日から開始することが発表されていて、還付手続きが可能なのは8月31日までの宿泊となっています。

現状では2020年9月以降については未定とのこと。

とりあえずのキャンペーン対象期間は、2020年7月22日〜2020年8月31日の宿泊分、ということになりますね。

宿泊期間がこの期間をまたがっている場合(8月30日〜9月2日の宿泊など)は対象にならないため注意を。ただし、予約を2回に分ける(8月30日〜8月31日と9月1日〜9月2日の2回に分ける)と、8月30日〜8月31日はキャンペーン対象となります。

還付の申請が行える期間は、

  • 旅行業者等を通じた還付手続き:旅行業者等が定める期間(遅くとも2020年9月14日まで
  • 旅行者自らが直接行う還付手続き:2020年8月14日〜2020年9月14日(当日消印有効)

となっています。どちらも9月14日で一旦締め切るということのようですね。

手続き開始まで、必要書類はしっかりと保管しておきましょう!

現状では2020年9月以降については未定とのGo To トラベルキャンペーン。

コロナウィルスの影響がどのくらいかにもよりますし、また緊急事態宣言となってしまうと実際のところどうなるのか・・・?という気もしますが、何もなければ2021年に予定されているオリンピックくらいまでは続くのではないかと思います。

期間中、何度利用しても良いキャンペーン、ということなので、是非申請方法や必要書類を頭に入れて、有効に活用したいですね。


以上、7/22から開始となるGo To Travel キャンペーンの申請方法や必要書類、申請場所、期間についてまとめました。

バタバタと決まった感のあるキャンペーンのため、まだはっきりと分からない部分もありますが、情報が入り次第更新していきたいと思います!

参考にして頂けたら幸いです。

 

広告
fdomesのバナー画像

28 COMMENTS

かすみん

明日から始まると言うのに、申請書等の用紙を事務局から手に入れる方法が未だに出てこず。どうなってんの?

返信する
glampress運営局

キャンペーンは始まりましたが、事務局がまだ出来上がっていないようです。事後申請の開始は8月14日くらいからを予定しているようなので、それまでには事務局のHPや住所など公開されるかと思います。
また新しい情報出ましたら更新してまいりますね。

返信する
glampress運営局

コメントありがとうございます。
個人で日帰りの場合は、交通+アクティビティがセットになったプランを代理店や予約サイトで申し込まないと対象外になります。

返信する
glampress 運営局

申込者(引率の先生など?)が支払っている場合は申込者が代表して申請をします。
https://goto.jata-net.or.jp/assets/docs/200814_1800_guide.pdf
宿泊施設が対象であれば、必要書類が揃えば申請可能かと思います。
支払いが法人や団体名義の場合は、旅行者がその団体に属しているという証明(会員証など)が必要です。

返信する
glampress 運営局

送付先が公表されました:
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階
Go To トラベル事務局 還付申請係 宛

返信する
glampress 運営局

送付先が公表されました:
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階
Go To トラベル事務局 還付申請係 宛

返信する
でりこ

口座確認書(様式第 3 号の1)とは、どのような書類ですか?
口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)だけでは、だめなのでしょうか?

返信する
glampress 運営局

口座確認書は、様式をダウンロードして記入し、送ることになっています。
エクセル:https://goto.jata-net.or.jp/assets/docs/20200812_1800_tarvrretnprtinform02.xlsx
PDF:https://goto.jata-net.or.jp/assets/docs/20200812_1800_tarvrretnprtinform02.pdf

返信する
山本綾子

3泊しました。
3泊は違う宿に泊まり、それぞれの宿で宿泊証明書と領収書をもらいました。
申請書は、1泊ずつ(泊まった宿ごとに)書くのでしょうか?

返信する
glampress 運営局

違う宿に宿泊されたということですと、申請書はそれぞれに必要かと思います。
口座確認書など共通で使えるものは1通でも構わないかもしれませんが、手続き上紛れてしまうと心配なので、それぞれにコピー等してホッチキスで留めるなどして送付されると良いかと・・・

返信する

法人の場合だと
6.代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
は、どのような書類になるのでしょうか

返信する
glampress 運営局

旅行の申し込み主が法人の場合は、実際に旅行に行く代表者がその法人に所属していることを示す書類(社員証)などを添付する必要があるようです。
その他必要書類などについては、電話で問い合わせてみてください。

0570-002-442(ナビダイヤル 10:00~19:00 年中無休)
03-6636-9457(10:00~19:00 年中無休)
03-3548-0520(10:00~17:00 土日祝休み)

返信する
glampress 運営局

ネットで予約した場合、予約完了のメール等は来ていませんか?できるだけ空欄が無い方が審査がスムーズに行くと思います。
どうしても見当たらない場合はお問い合わせしてみてください。

0570-002-442(ナビダイヤル 10:00~19:00 年中無休)
03-6636-9457(10:00~19:00 年中無休)
03-3548-0520(10:00~17:00 土日祝休み)

返信する
glampress 運営局

返金される口座は、旅行代金を支払った人ということなので、申し込んだ人でないと申請はできないと思います。

返信する
シュウロウ

14日が旅行中に締め切りを知りました。もうしんせいはできないのでしょうか?

返信する
glampress 運営局

直接宿泊先で予約した場合の事後還付は、9/14で締め切りになっています。楽天トラベルなど代理店経由の場合は、代理店を通して還付される場合もあるため、ご確認ください。

返信する
ケリー

事後申請は9月14日までと知りませんでした。今からの申請は受付してもらえないのですな?

返信する
glampress 運営局

直接宿泊先で予約した場合の事後還付は、9/14で締め切りになっています。楽天トラベルなど代理店経由の場合は、代理店を通して還付される場合もあるため、ご確認ください。

返信する
めめ

こんなに申請期限が早いなんて知りませんでした!宿泊したホテルも何も教えてくれなかったし、どこで情報入手すべきだったのでしょう。ほんとにひどい

返信する
glampress 運営局

そうですね。当サイトのような一般の情報発信サイトを参考にして頂いている方も多いようです。Go To トラベルキャンペーンは開始当初からかなりバタバタしていたので、事前に旅行を予約していた人にはちょっと不利かなと思います。キャンペーンのことは知っていても結局申請しなかった、という方も多いかもしれないですね・・・。

返信する
glampress 運営局

書類の審査が終わってからなので、結構時間がかかるのではないかと思います。
分かるかどうか不明ですが、問い合わせをしてみて下さい。

0570-002-442(ナビダイヤル 10:00~19:00 年中無休)
03-6636-9457(10:00~19:00 年中無休)
03-3548-0520(10:00~17:00 土日祝休み)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です