ゆるキャン△実写ドラマ第4話の聖地ロケ地や登場グッズは?ネタバレ感想も

テレビ東京系の木ドラ25で2020年1月から放送のテレビドラマ「ゆるキャン△」

あfろさん原作の漫画の実写版として注目が集まっています。

福原遥さん演じる主人公・志摩リンを中心に、5人の女子高生たちが登場し、毎回キャンプの小ネタや楽しみ方が知れて「キャンプに行かなくても行った気分になれる」「ソロキャンプしたことがないけどしてみたくなる」と評判ですよね。

漫画の原作を忠実に再現、毎回違うキャンプ場でロケが行われていることから、登場するキャンプ場や主人公たちの通う高校が「聖地」としてファンにも愛されています。

そこで今回は、原作の漫画やアニメは見たことがなかった、という視聴者にも好評のドラマ「ゆるキャン△」第4話に登場する聖地(ロケ地)や登場するグッズなどを紹介します!

ゆるキャン△ 第4話のロケ地

ドラマ「ゆるキャン△」の第4話では、主人公の志摩リン(演:福原遥さん)はソロキャンに、なでしこ(演:大原優乃さん)・千明(演:田辺桃子さん)・あおい(演:箭内夢菜さん)の野外活動サークル(通称:野クル)の3人もキャンプデビューに出かけることに。

それぞれ行き先が違うので、ロケ地も色んなところが出てきました!

キャンプに向かう道すがら、ゆるキャン△に出てきたルートを辿って同じ体験をしてみたい!というファンも多いゆるキャン△の舞台。ドラマでも原作に忠実に再現されています。

4人が 通う高校・本栖高校については、第1話の記事で触れていますので気になる方はこちらをチェック⬇️
ゆるキャン△実写ドラマ第1話の聖地キャンプ場や登場グッズは?ネタバレ感想も

第4話 ロケ地その1:山梨市駅

まずは、野クルの3人が待ち合わせをした山梨市駅。

尖った三角屋根のトイレが特徴的ですね。

ここから目的地のキャンプ場まで4kmほどの道のり。
だいたいどこか察しがつきますが実際にキャンプ場が出てくるのは第5話です。

リュックを背負ったなでしこに対し、千明とあおいは「疲れないから」とコロ付きのキャリーで登場しましたが、キャンプ場までの道のりが上り坂でかなり辛そうでした。
キャリーだから疲れない、という訳でもなさそうですね・・・、背負えるものは背負って歩いた方が結局楽チンなのかも。

第4話 ロケ地その2:山梨県笛吹川フルーツ公園

山梨市駅からキャンプ場へ向かう途中で、野クルの3人が立ち寄った、フルーツ公園。

笛吹市が見渡せ夜景でも有名なフルーツ公園の展望台で写真を撮りました。

景色を眺めたあとは、施設内のカフェでフルーツのスイーツを堪能。

みんなで回し食べするのが、やっぱ女子高生だな〜って感じでした。

第4話 ロケ地その3:県道17号と八ヶ岳エコーラインの交差点

一方、今回はスクーターで長野県を目指すリン。
初めての遠出ということでやや不安を抱えつつも、順調に進んでいきます。

差し掛かった道は、県道17号と八ヶ岳エコーラインが交差するあたり。

リンの自宅・山梨県の古関からは78kmほど。スクーターで2時間くらいはかかってるんじゃないでしょうか。
なかなか遠くまで来ましたね〜!

普段スクーターやバイクを乗る人でも、なかなか遠出に使う人は少ないと思いますが、スクーターやバイクでの長距離移動っていうのもなかなか楽しくて気持ちの良いものなんですよね。
特に自然いっぱいの高原なんて最高!・・・ですが冬だから流石に寒そうですね・・・。

第4話 ロケ地その4:コロボックルヒュッテ

ちょっと疲れたし、早めだけどお昼にしようかな・・・とリンが立ち寄ったカフェ・コロボックルヒュッテ

山小屋風のログハウスに薪ストーブ、落ち着いた空間と景色、お料理が人気の実在するお店です。

先ほどの県道17号から30kmほどの地点、八ヶ岳エコーラインへ入って白樺湖のところを左に曲がってビーナスラインを進んだ先です。

リンの自宅から3時間くらい、流石に疲れてきた頃ですね。

バイト代も入ったばかりで懐にも少し余裕のあるリンは、ボルシチセット(ドリンクはキャラメルミルクコーヒー)を注文。

お肉がお口でとろける・・・とっても美味しそうです!

このコロボックルヒュッテ、ビーナスライン沿いで朝食やランチなどで立ち寄る方にも人気で、山小屋として宿泊もできるそうですよ〜。

第4話 ロケ地その5:ほったからし温泉

かたや、野クルの3人は、フルーツ公園でスイーツを堪能してしばしまったりとし、やっとキャンプ場に向かうのかと思いきや・・・、「温泉の方が近いけど先に行く?!」となり、温泉に寄ることになりました。

山梨県笛吹市の有名な温泉といえば、ほったらかし温泉

高台からの景色や富士山が望めることで有名で、夜景を目当てに訪れる人も多い日帰り温泉です。

第4話では、とりあえず休憩所でダラダラしていた野クルの3人ですが、第5話では評判の景色が見られそうですね!

第4話 ロケ地その6:霧ヶ峰カメラ(霧ヶ峰自然保護センター付近)

第4話の終盤で、リンがなでしこに「ここにいる」送ってきたリンク。

開けると、霧ヶ峰カメラという固定カメラに映るリンの姿が。

ライブカメラに映り込んで居場所を教えるなんて、なかなか面白い発想ですよね〜!

このカメラがあるのは、霧ヶ峰自然保護センター付近の交差点

先ほどリンが立ち寄ったコロボックルヒュッテからビーナスラインを西に2.6km進んだ地点です。

このライブカメラ映像が見られるページはこちら⬇️

霧ヶ峰自然保護センターのライブカメラ映像
(※スマホから見る場合は会員登録が必要です)

実際に映り込んでリンのようにリンクを送りたい!という方、横断歩道とはいえあくまで道路なので車の通りの邪魔にならないよう、気をつけてくださいね〜。

この先にあるキャンプ場というと霧ヶ峰キャンプ場かな〜・・・
リンがキャンプ場に到着する第5話を楽しみにしたいと思います!

以上がドラマ「ゆるキャン△」の第4話に登場したロケ地でした。

キャンプ場へ行ってキャンプするだけじゃなく、向かう間にも楽しみがいっぱいですね。
ゆるキャン△の登場人物と同じ道を辿ってキャンプをしに行ってみたくなりました!

広告
fdomesのバナー画像

ゆるキャン△ 第4話に登場するグッズ・ギア

ゆるキャン△の第4話ではキャンプをするシーンがなかったため、新しいキャンプギアは登場しませんでしたが、主人公リンの新しいスクーターが登場しました!

これまで自転車でソロキャンに向かっていたリン、どうしても移動距離が限られてしまいます。

というわけで新しく装備に加えたのがヤマハ発動機のスクーター、Vino(ビーノ)

女子高生らしい可愛いチョイスですね〜。
リアに取り付けたバックとの色も合っていてカッコ良いです。

リンのVinoのカラーは原作&アニメに合わせた特別仕様なため、全く同じ色は買えません・・・

一番近い色合いは、プコブルー(ライトブルー)。


(出典:yamaha-motor.co.jp

Vinoの本体価格は税抜き¥185,000

自転車もギアもスクーターも、妥協せずに良いものを選ぶリンらしいチョイスですね。

リンの自転車やその他キャンプギアについては、第1話の記事で触れてますので興味のある方はこちらをチェックしてみてくださいね⬇️
ゆるキャン△実写ドラマ第1話の聖地キャンプ場や登場グッズは?ネタバレ感想も

ゆるキャン△ 第4話のネタバレ感想

今回第4話では、ついに野クルのメンバー3人もキャンプへと出かけることになりました。

リンはソロキャンプをしに長野へ、野クルの3人は山梨の笛吹市へ、それぞれ向かう先は違いますが、たまに場所や食べたものの画像を送りあったりして楽しそう。

リンはこれまで親友の恵那(演:志田彩良さん)とはキャンプ中もやり取りをしていましたが、元々はあまり人とつるむのは苦手なタイプ。

でも人懐っこいなでしこの影響もあり、美味しい食べ物や美しい風景を誰かと共有するという楽しみを感じるようになったようです。

せっかくソロキャンするなら、日常を忘れてスマホなんか触らず、自然と自分だけに浸りたい・・・!というタイプの人も多いと思いますが、友達の存在をSNSを通して身近に感じながらもひとりの時間を楽しむっていうのもある意味孤独ではなくて良いなぁと思いました。

キャンプというと、車でオートキャンプというイメージがあったのですが、リンのように自転車やスクータでツーリングしながら向かうのも楽しそうですね!

それから今回はリンが「何故冬にしかキャンプをしないのか」を説明していました。

  • 虫がいない
  • 汗をかかない
  • 他のキャンパーが少なくて静か
  • 空気が澄んでいるから景色がきれい
  • 汁物が美味しい

これらは、今までキャンプはしてみたいけどなかなか足を踏み出せなかった人が気にしているポイントでもありますよね(景色と汁物はさておき)。

虫や汗が苦手なら、冬にキャンプをすれば良いのかも・・・!と勇気を与えてもらえました。
とは言ってもそのためには冬用のシュラフなど装備も必要ですけどね。
リンは冬キャンプ専門なので、リンの装備はかなり参考になりそうです。

まとめ

今回は実写ドラマ「ゆるキャン△」の第4話に登場したロケ地と、リンの新車Vino、感想をお伝えしました。

登場する場所が全てリアルなので、実際に行ってみたいなという気持ちが高まりますね!

参考にして頂けたら幸いです!

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です