Go To トラベル10/1東京追加&東京都民限定補助金の申請方法や期間・条件は?どのくらい得かを試算してみた

2020年7月22日に、賛否両論ありながらスタートした、Go To トラベルキャンペーン。

7月22日〜8月末までは旅行代金の35%を還付し、10月以降はさらに15%のクーポン配布で、最終的には旅行代金が実質半額になる!というキャンペーンです(上限1人1泊¥20,000相当、日帰り¥10,000相当)

コロナ感染予防対策として、キャンペーンから東京都民の旅行と、東京都発着の旅行は対象外とされていましたが、ウィズコロナの方針で10/1からついに東京都民の旅行・東京都発着の旅行もキャンペーン対象となることが発表されました。

さらに、東京都民の東京都内での旅行については、東京都から別途補助金が出ることも議会で提案されています。

Go To トラベルキャンペーンの補助金に加えて、東京都からの補助金も出るとなれば、この機会に旅行を楽しみたい!という方も多いですよね。

そこで今回は、Go To トラベルキャンペーンと東京都の都民限定補助金の申請方法や条件、また実際にどのくらいお得になるのか、についてまとめました。

Go To トラベルキャンペーンとは?

Go To Travelキャンペーンとは、旅行代金のうち35%を値引きで、15%を地域共通クーポンで還元することで、実質旅行代金が半額になるというキャンペーンです。

宿泊の旅行だけでなく、日帰りの旅行にも適用され、上限は宿泊でひとり1泊¥20,000、日帰り旅行の場合は¥10,000が還元されます。

7月22日のキャンペーン開始からしばらく、東京都民の旅行や東京都発着の旅行については対象外となっていましたが、10月1日から解禁となり、日本全国で利用できるようになります。

広告
fdomesのバナー画像

Go To トラベルキャンペーンの申請方法は?

Go To トラベルキャンペーンは、7月22日の開始当初は事業者登録が間に合わなかったりして、事後還付申請の受付が行われたりしていましたが(事後還付申請は9/14で締め切られました)、現在は事業者登録も行き渡り、基本的には旅行を申し込んだ旅行代理店か宿泊先で自動的に還付されます。

旅行代理店の場合はあらかじめ35%の値引き後の価格で提示してあり購入し、地域共通クーポンを別途配布してもらうパターンや、35%割引分を代理店サイト上でクーポンとして入手し、それを利用するパターンなどがあります。

というわけで、特に個人的に事務局などへ申請する必要はありませんが、予約時にGo Toトラベルキャンペーンを利用する意思表示(割引クーポンの取得など)が必要な場合もあります。

例えば楽天トラベルの場合

①35%分の値引きクーポンをあらかじめGETする


(出典:travel.rakuten.co.jp)

②クーポン利用対象になっている施設を検索

③予約時にクーポンを利用する

という流れになります。

また、地域共通クーポンについても旅行代理店から取得方法についての記載があります。

楽天トラベルの場合

①個人ページや予約確認メールで、地域限定クーポン用のQRコードを取得する


(出典:travel.rakuten.co.jp)

②宿泊先でQRコードを提示し、地域限定クーポンを受け取る

③宿泊先の県とその隣接県で地域限定クーポンを利用する

という流れになっています。

個人的にキャンペーン事務局に書類を送ったりという申請作業は必要ありませんが、割引クーポンを取得して利用する、地域共通クーポン取得のためのQRコードを確認する、という作業が必要になるということを把握しておいてください。

また、Go To キャンペーンに登録してある宿泊施設に直接予約をする場合は、現地での支払いの際に割引される、別途割引クーポンが配布される、など施設によって対応が異なる場合があります。

Go To キャンペーンに登録してある宿泊施設であれば必ず還付がなされるはずなので、どのような形で割引や地域共通クーポン受け取りをするのか、あらかじめ公式ページなどで確認しておくと良さそうですね。

地域共通クーポンについて詳しくはこちら↓
Go To トラベルキャンペーンの地域共通クーポンはいつからいつまで?取得方法や使い方に注意点まとめ|最新

東京都民限定の補助金とは?

10/1からGo To トラベルキャンペーンの対象になることが決まった、東京都民の旅行と東京都発着の旅行。

さらに小池都知事は、東京都民による東京都内の旅行について、補助金を出す提案をするという発表を行いました。

その内容は、支援額は宿泊1泊につきひとり¥5,000、日帰りは¥2,500の補助で、予算規模は40万泊分。承認が下りれば10月下旬にも開始する予定です。

Go To キャンペーンと違い、旅行代金の何%という補助ではなく金額ということで、「では1泊¥5,000以下のところに泊まった場合どうなるのか?」など不明な点はまだありますが、Go To トラベルキャンペーンと併用して補助が受けられるということなので、東京都民の方にとっては嬉しいことですよね。

この補助を受けるための条件は、「旅行代理店が販売している宿泊プランや日帰りツアーを利用すること」

なので、例えば宿泊先に電話をして直接予約をした場合や、自分でフリーパスを購入して日帰り観光を楽しんだ、という場合には対象になりません。

Go To トラベルキャンペーンと併用できる補助金制度ですが、Go Toトラベルキャンペーンとは別物ですので、その宿泊施設がGo To トラベルの参加事業者であっても、旅行代理店を通して予約していなければ補助は出ないので注意が必要です。

東京都民限定の補助金の申請方法は?

東京都民限定の補助金は、旅行代理店を通して予約をした宿泊や日帰り旅行に対して補助が出ます。

なので、旅行者が何か申請の手続きをするのではなく、Go Toトラベルキャンペーンのように「割引クーポン」のような形態で旅行会社からあらかじめ入手した上で、予約の際に使用する、という流れになるかと思います。

例えば楽天トラベルでは、都の補助金とは別に「東京都民限定クーポン」というものを用意してあり、東京都民の方はこのクーポンを取得して使用できるようになっていますが、このような形態で東京都の補助金も配布されるのではないかと予想されます。

Go To トラベルキャンペーンもですが、割引を受けるために必要なクーポンをちゃんと入手してから予約をするようにしましょう!

また、この補助金はあくまで「東京都内での宿泊・日帰り旅行」限定の補助金なので、関東であっても埼玉や神奈川県への旅行は対象にならないので注意してくださいね。

東京都民限定の補助金はいつからいつまで?

東京都民限定の、東京都内の宿泊や日帰り旅行への補助金は、都議会定例会に提案され、承認されれば10月下旬からスタートと言われています。

具体的な日にちについてはまだ発表されていないので、分かり次第追記していきたいと思います。

また、いつまで、というのもはっきりとは決まっておらず、予算として組まれる40万泊分(20億円)がなくなり次第終了となっています。

東京都民はおよそ1400万人いるので、40万泊というとひとり一泊したとして、35人にひとりは宿泊できるだけの予算があるということですね。

実際どのくらいの人が利用するのか(宿泊or日帰り)にもよりますが、年内くらいは続くと良いですね〜。

Go Toと東京都民限定の補助金でどのくらい得になる?

Go To トラベルキャンペーンの補助額は、金額の割引35%と地域共通クーポン券の15%の、合計50%が旅行代金に対して補助されます。
ただし、上限がひとり1泊¥20,000、日帰り旅行で¥10,000です。

そして、東京都民限定、東京都内での宿泊・日帰り観光への補助の上限は9/30時点でひとり1泊¥5,000、日帰り旅行で¥2,500となっています。

金額だけ見ても大きな補助に思えますが、実際にどのくらいお得になるのか試算してみました。

東京都民が、東京都内で宿泊または日帰り旅行をした場合で、現時点でGo To トラベルキャンペーンの補助計算と東京都の補助の計算をどちらから先に適用になるのか不明なため、先にGo To トラベルを適用し、その後東京都の補助金を適用、のパターンで試算しました。

条件が変更になったりした場合には修正をしますので、参考程度にご覧ください。

宿泊する場合

旅行で1泊する場合、最もお得感があるのは、やはり補助の上限いっぱいのプランを利用することでしょう。

東京都からの補助金はパーセンテージではなく金額で1泊¥5,000と定められているため、この場合Go To トラベルキャンペーンの補助「旅行代金の50%(うち15%は地域共通クーポン)」=¥20,000となるものが最も多くの補助を受けられることになります。

宿泊旅行代金¥40,000 / 名の場合

旅行代金:¥40,000Go To トラベル補助:¥20,000東京都の補助金:¥5,000実質¥15,000

Go To トラベル補助の¥20,000のうち¥6,000は地域限定クーポンでの還付となるため、実際に支払う額は¥21,000で、後から¥6,000分のクーポンを旅行中に使い切った場合に、実質¥15,000で旅行ができる、というわけですね。

この¥40,000の旅行代金は、ホテルの宿泊費だけでなく、交通費もパックになっているプランなどでも適用されます。

ただし、この場合最大限に補助を活かすことはできますが、自分からの出費も実質¥15,000かかります。

宿泊旅行代金¥10,000 / 名の場合

2つの補助金を利用して旅行をしたい、でも出費をするのは痛い・・・という場合も多いはず。

そんな時には、出来るだけ自分からの出費を減らせる金額のプランがオススメです。

東京都の補助金の上限が1泊¥5,000なので、Go To トラベルの補助金後の金額が¥5,000になるようなプランにすると良さそう。

旅行代金:¥10,000Go To トラベル補助:¥5,000東京都の補助金:¥5,000実質¥0

Go To トラベル補助の¥5,000のうち¥1,500は地域共通クーポンでの還付となる上、地域共通クーポンは四捨五入で¥2,000に繰り上げられるため、実際には¥1,500を支払い、後から¥2,000分のクーポンを旅行中に使い切れば¥500多くもらえたことになります。

上記の計算はひとりあたりの補助金額で、大人であれば複数になっても計算は変わりません。

子供や幼児の場合も補助金額やパーセンテージは大人と同じなため、宿泊料金が割安になる分、補助で貰える額が増えることになりますね。

宿泊旅行代金¥8,000以下 / 名の場合

実際に運用が始まってみないと、補助金の計算方法(地域共通クーポンの発行タイミング)が分からないため、実際にどうなるかは現時点では不明ですが、例えば旅行代金¥8,000の場合、現金割引が35%(¥2,800)で旅行代金が¥5,200となります。

そこへ東京都の補助金をクーポンなどで使用すると、実際の支払額は¥200

地域共通クーポン相当額の15%(¥1,200ですが、四捨五入で¥1,000のクーポンになります)は別途配布されるのであれば、実質¥800をもらえる、ということになります。

この計算だと、旅行代金が¥7,690を下回る場合に、Go To キャンペーン適用後(35%値引き後)の金額が東京都の補助額を下回るため、逆に利益になるということになります。
が、これについては実際に東京都の補助金が実施される時に何らかの基準が設けられる可能性があるため、現状では不明です。

日帰り旅行の場合

東京都民で、東京都内での日帰り観光旅行を楽しむ場合も、同じように試算してみました。

日帰り旅行代金¥20,000 / 名の場合

Go To トラベルキャンペーンの補助金の上限が、日帰り旅行の場合は¥10,000なので、それを最大限に貰える旅行代金¥20,000が最もお得感があります。

旅行代金:¥20,000Go To トラベル補助:¥10,000東京都の補助金:¥2,500実質¥7,500

Go To トラベル補助の¥10,000のうち¥3,000は地域限定クーポンでの還付となるため、実際に支払う額は¥10,500で、後から¥3,000分のクーポンを旅行中に使い切った場合に、実質¥7,500で旅行ができる、というわけですね。

日帰り旅行代金¥10,000 / 名の場合

最も出費が少ないパターンは、東京都の補助金¥2,500の方に注目して、Go Toトラベルの補助差し引き後に¥2,500になるような旅行代金を設定すると良いですね。

旅行代金:¥5,000Go To トラベル補助:¥2,500東京都の補助金:¥2,500実質¥0

Go To トラベル補助の¥2,500のうち¥750は地域限定クーポンでの還付となりますが、クーポンは四捨五入で¥1,000に繰り上げされるため、¥250分さらにお得になります。

日帰り旅行代金¥3,800 / 名の場合

これも、実際に東京都の補助金のシステムが具体的に発表されるまでは不明ですが、旅行代金が¥3,846を下回るとGo To キャンペーン適用後の金額が、都の補助金額を下まわります。

旅行代金:¥3,800Go To トラベル35%:¥1,330=¥2,470(都の補助額¥2,500より少ない)

ここにさらに15%の地域共通クーポン15%分(¥570ですが、四捨五入で繰り上げされるので¥1,000のクーポン)が配布されるため、実質¥1,000以上儲かることになります。

この辺りについても、計算方法など不明な点が多いため、実際の補助金配布が始まってみてからまた条件など分かりましたら追記していこうと思います。


以上、今回は10/1からGo To トラベルキャンペーンの対象地域に追加されることになった東京都について、Go To トラベルキャンペーン・東京都民限定の補助金についてのまとめと、実際にどのくらい得になるのかをまとめました。

いずれにしても、キャンペーンと補助金を利用すれば普段よりもずっとお得に旅行ができるチャンスです。東京都から出なくても、普段家事に追われている奥様にホテル泊をプレゼントしたり、家族でリフレッシュしたり、自分にご褒美したり、と色々と活用できそうなので、ぜひしっかり理解して利用するようにしてみてくださいね。

参考にして頂けたら幸いです。

広告
fdomesのバナー画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です